ファクタリング契約の流れ

ファクタリング契約アイキャッチ

「ファクタリング2社間取引の流れ」についてしっかり理解を深めましょう!

近頃のファクタリングサービスで注目されているのは何といっても「2社間取引ファクタリング」です。
ファクタリングに関しては「3社間取引」を選ぶと取引先にファクタリング利用が知られてしまい会社の信用問題にキズが付く可能性があります。
なるべくなら取引先にファクタリング利用は知られたくないという経営者の方が多いので2社間取引ファクタリングが注目されています。
取引先にバレないメリットはあるものの2社間取引は手数料が高いというデメリットがあります。
3社間取引は手数料が低いとはいえ結果的に売掛先の取引先企業に悪印象を与えてしまうと信頼関係をそう簡単に戻すことができません。
「お金に困っている印象」はやはりマイナスです。
つまり、今だけを見ればファクタリングは3社間取引が良いかもしれませんが長い目で見ると2社間取引ファクタリングの方が今後の会社経営の為にも安全になります。

ファクタリング2社間取引の流れ

では2社間取引ファクタリングの流れを簡単に説明していきましょう。
まず商品やサービスを提供することで売掛金が発生します。
ここでは売掛債権あることが証明できることが大切です。
売掛債権とはいえ適当な口約束だったり老舗ならではの適当な感じではファクタリング会社に売掛債権だと認められないこともあるので注意しておきましょう。
次にファクタリング契約です。
急ぎの資金調達が何らかの理由で必要となった時にファクタリングサービス会社に申込を行います。
独自に信用調査が行われ売掛債権を買取できるかの審査が行われます。
基本的に審査というのは経営状況が一番ですが取引先企業様の信用問題や規模の方を重視されることも多いです。
またファクタリング取引の対応への誠実さも大切な要素です。
税金の滞納などがあり審査が不安といった場合でもファクタリングを利用することでキャッシュフローが改善されるということであればファクタリング審査において税金滞納が不利になることはあまりありません。
審査に通過したらファクタリングサービス会社はすぐに売掛金を買取り早期現金化に動き出してくれます。
そのため即日買取や即日現金化の可能性も十分に期待できます。
そして成約できると期日までにファクタリングサービス会社から売掛債権の買取金額が振り込まれます。
それから1ヶ月後から2か月後に予定通り入った売掛金をファクタリングサービス会社に入金したら契約終了です。
2社間取引ファクタリングの場合、ファクタリングサービス会社への支払いは申込した企業が行うことになるので注意しましょう。
3社間取引の場合、ファクタリング会社が集金代行を行うこととなるため申込会社は自ら集金して返済する必要はありません。
2社間取引はリスクが高いと思われがちですが実はとても使い勝手の良いレベルの高い取引サービスです。
※事業内容によっては2社間取引ファクタリングが利用できないこともあります。
しっかりとファクタリングサービス会社を見極めてキャッシュフロー改善に繋がるファクタリングを行うことを推奨します。
その中でも優良ファクタリングサービスとして話題の【ジャパンファクター】というファクタリングサービス会社があります。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG