ファクタリングは資金調達の基本になります!

ファクタリングで資金調達アイキャッチ

知らなきゃ損!これからの資金調達は「ファクタリング」

読者の皆様、「ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか。

ざっくり言うと「ファクタリング」とは未回収の売掛金を買い取ってもらうサービスのことです。

それだけ売掛債権はあるのにキャッシュフローが悪く資金繰りの問題を抱えている企業が多いということでもあります。

売掛債権はあるのに手元に現金が無い状況というのは企業にとっては経営がストップしている状況でもあり「黒字倒産」のリスクを背負っているということです。

もし、個人の問題であれば当月は最低限のお金で少しヒモジイ思いをすれば状況は打破できるでしょう。

しかしながら、企業は常にお金を運用して動いていないといけませんし、働いている従業員に給与を支払う義務もあります。

更には税金の催促などもあるでしょうし企業にとって今必要な資金少ないということは経営にも大きなダメージを与えることになるのです。

ファクタリングは借金じゃない!信用情報が傷つかない新たな資金調達手段!

銀行融資で資金調達、ビジネスローンで資金調達は早くても一ヶ月ほどかかるとされています。

それから担保や保証人を要求されます。

リスケによって融資してもらえないということも考えられます。

売掛債権が数百万円あったとしても、銀行融資では担保として差し出すことはできません。

担保にできるのは基本的に不動産などです。

さらに審査に申し込むだけでも借金になり信用情報機関に記録されます。

つまり融資を受けれなかったとしても会社の信用に傷がつきます。

それからどこかの銀行融資でリスケになった場合、他銀行に融資を申し込んだとしても余計に時間がかかってしまうばかりか再度リスケとなる可能性が高くより厳しい状況に追い込まれてしまうかもしれません。

このような銀行融資のリスケにより社会的信用を傷つけたくない場合はファクタリングでの資金調達が望ましいのです。

何故ならファクタリングは借金ではなく、あくまで売掛債権の売買によって売掛金を早期に現金化出来るサービスであるためです。

ただし注意しなければならないのがファクタリングには売掛債権と取引先企業様の経営状況、そして取引に対してのスピードと誠実さが大切となります。

資金調達を急いでいる為、焦る気持ちも分かりますが、

『早く買い取りしてくれ』

という横柄な態度はいけません。

なぜかというと代金回収権などがファクタリングサービス会社へ移行することがメインですのでファクタリングサービス会社は買取損することがあります。

要するにファクタリングサービス会社が売掛債権を購入→その売掛債権が取引先様の企業の倒産によって支払われないリスクを抱えないといけません。

この場合、売掛債権を売ってしまっているのでお申し込み頂いた企業様にはもう関係のない話です。

どう考えてもファクタリング会社に不利なファクタリングサービスですが、その分の手数料などをしっかりと支払う必要がありますし強い信頼関係によって成立するサービスになります。

そのためファクタリングの審査は銀行の融資とは違ってきますが、それなりに厳しい可能性もあります。

売掛債権のある取引先企業様の経営状態もかなり重要です。

しかしながらファクタリングエキスパートがオススメする【株式会社ジャパンファクター】というファクタリングサービス会社はお申し込み頂いた企業様とジャパンファクターとの2社間取引となります。

よって取引先企業様にファクタリング利用が知られてしまうことはありません。

その結果、会社の信頼を失うというリスクもなく安全に資金調達が可能です。

当サイトがオススメする優良ファクタリングサービス会社の【株式会社ジャパンファクター】は2社間取引契約になるので取引先にファクタリング利用が知られることはありません。

また銀行からの融資を断られた企業様でもお気軽に問い合わせ相談が可能です。

24時間365日いつでも即日ファクタリングに対応してくれます。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG