キャッシュフローの改善にはファクタリングが一番!

キャッシュフローアイキャッチ

会社の立て直しに銀行融資やノンバンクはNG!ファクタリングを活用すべき!

会社経営者ならある程度の現金を保有しキャッシュフローが健全な会社経営を継続していきたいはずです。

しかし現実はそう簡単に上手く行きません。

はっきり言って今の日本に安定している企業はないです。

大手企業ですら明日は我が身と思いつつ常に対策を練っています。

そしていざピンチになったら必ず銀行に融資をお願いします。

ファクタリングを活用しようと思う企業はなかなかいないでしょう。

しかし近年では業績不振や赤字、債務超過などのビハインドが無いにも関わらず融資を断られてしまう企業が多いです。

企業としては当てにしていた銀行融資を断られるのはかなりの痛手です。

まさか融資を受けれないとは思ってもみなかったはずです。

会社のために真面目に頑張っている社員たちも銀行融資が断られるような会社で働いていることに強い嫌悪感を抱くことでしょう。

まず銀行融資には様々な理由があることを覚えておいてください。

前回の借入からさほど歳月が経っていないのに追加融資を希望すると当然ですが審査に落ちやすくなります。

というより余程の事情が無い限り審査に通りません。

完済後もしくはあとわずかで完済という状況であれば再融資のチャンスがあるかもしれませんが期待しないほうがいいです。

通常、企業は銀行のビジネスローンなどでキャッシュフローの改善を目指しますが銀行以外のノンバンクからも借りることはできます。

銀行と比較すると金利が大きいのですが銀行に比べて審査がゆるめで融資を受けやすいです。

ただ融資を受けやすいがゆえについついノンバンクで借りすぎてしまう企業もあります。

その結果、多額の借金を背負い自己破産する経営者は後を絶ちません。

それと審査に甘いノンバンクでも過去に借入を延滞滞納していたら審査に通らないので諦めましょう。

個人のキャッシングと同じで過去に延滞滞納があるということは俗に言う”ブラック状態”です。

銀行でもノンバンクでも借入した時点で金融情報は全て信用情報機関に登録されます。

そのため銀行はもちろんノンバンクも信用情報を参照できるため過去に少しでも延滞滞納歴があるとまず融資は受けれません。

さらに決算書に疑義があったり事業計画があまりにも突飛していると融資を受けるのは不可能です。

1秒でも早く資金調達するなら売掛金を即日現金化できるファクタリング!

売掛金(売掛債権)さえあればファクタリング会社が買取りし一足先にその現金を手に入れることができます。

まずファクタリングの審査は銀行融資に比べればかなり緩いうえ、そもそも借金ではないので売掛先となる企業の規模等が重視されますが安定した取引があればまず審査に落ちることはありません。

社会保険滞納や赤字決算、税金滞納でもほとんど審査に影響はないです。

だから今後はファクタリングでの資金調達を検討してみては如何でしょうか。

いつ融資してくれるかわからない銀行に頼るよりファクタリングのほうが確実です。

最後にファクタリングをご検討の会社経営者・企業の方には”ジャパンファクター”を推奨します。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG