売掛金担保融資とは?

売掛金担保融資アイキャッチ

「売掛金担保融資」と「ファクタリング」との違いを詳しく解説!

ファクタリングについて、理解を深めるようになってくると生まれる疑問があります。

「売掛金(売掛債権)を担保として銀行融資を受けられないのか?」ということです。
そもそも、ファクタリングとは売掛金(売掛債権)をファクタリングサービス会社に買取ってもらうことによって、早期に売掛金を現金化することによって可能にになる資金調達方法であり、銀行融資やビジネスローンなどの借金(負債)ではありません。
よって、借金である「売掛金担保融資」と「ファクタリング」では大きな違いが明らかですね。

売掛金担保融資とはどんなもの?

では、売掛金担保融資というのは一体どのようなものなのかを解説していきましょう。
まず、売掛金担保融資とは、ファクタリングと同じく、「売掛金(売掛債権)」を利用した資金調達方法です。
しかし、ファクタリングと違うのは、売掛金(売掛債権)を譲渡し買い取ってもらう訳ではなく、売掛金(売掛債権)を担保にして、銀行やノンバンクなどのあらゆる金融機関から融資をしてもらうという仕組みです。

しかし、この「売掛金担保融資」という仕組みですが、実はまだ歴史が浅く、日本では2000年以降に取り入れ始められたとされています。
海外では古くからある、売掛金担保融資制度ですが、日本へ入ってくるのは遅かったようです。
売掛金担保融資のメリットとしては、担保(不動産など)や保証人がない企業でも売掛金(売掛債権)さえあれば申し込めるという点、また、担保となるのは売掛金(売掛債権)になるため、取引先からの売掛金の入金を待たずに資金調達が可能になる。
最後に、売掛金(売掛債権)を担保に取るので低リスクで借り入れが可能になるということです。

しかし、売掛金担保融資といっても所詮は「借金」になってしまうことは事実。
また、融資までの期間も長いこともあったり、審査によっては融資見送りという事態も考えられます。
そこで売掛金担保融資よりもはるかに優れているファクタリングが選ばれるのです。

ファクタリングが売掛金担保融資より優れているワケとは?

売掛金(売掛債権)をファクタリングサービス会社に買い取ってもらう資金調達方法のファクタリングとは、売掛金(売掛債権)を譲渡することによって貸借対照表に計上されない(借金・負債とみなされない)仕組みになっているのです。
よって、ファクタリングは、返済の義務が発生する売掛金担保融資のように、「お金を借りる」「借金する」「負債を抱える」ものでなく、単純にモノ(売掛金)の売買と同じ感覚です。

とにかく、ファクタリングは借金ではないので、会社の信用情報にも一切マイナスな履歴は記載されないということも大きなメリットの1つです。
だからこそ、賢い経営者が選ぶのが、ファクタリングということなのです。

現在日本でも、ファクタリングが普及しつつあり、様々なタイプのファクタリングサービス会社が存在します。
実際、どのファクタリングサービス会社を選べば良いのか・・・ここが運命の分かれ道です。

ファクタリング会社に迷われている・・・ということであればぜひ一度、当サイトがオススメする優良ファクタリング会社の「株式会社ジャパンファクター」の無料相談へお申込みしてみてはいかがでしょうか?
今ある売掛金(売掛債権)が、ファクタリング利用で、どの位の金額で買取が可能なのかを問い合わせてみるのも良い判断材料になるでしょう。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG