完全保証契約と一部保証契約

完全保証契約アイキャッチ

そもそも「ノンリコース(償還請求権無し)」とはどういうこと?

ファクタリングサービスには2つの契約形態があるのはご存知ですか?
1つ目は償還請求権が一部だけかかってくる【一部保証契約】
2つ目は償還請求権が一切かからない【完全保証(ノンリコース)契約】
ファクタリングサービスとは今ある売掛金をファクタリングサービス会社に買い取ってもらうことで売掛金を早期現金化するという資金調達方法ですが取引後ファクタリングサービス会社が買い取った売掛金を回収する前に取引先となる企業が倒産してしまうリスクもあります。
そういった事態にならないためにもファクタリングサービスを利用するためには審査があり売掛先の経営状況などが重視されます。
もし万が一このような事態が発生した場合、すでにファクタリングサービス会社から受け取ったお金(売掛金を現金化した)の一部を償還することを【一部保証契約】と言い一切償還の義務が無い契約形態が【完全保証(ノンリコース)契約】です。

償還請求権が一切かからない【完全保証(ノンリコース)契約】のメリット・デメリット

まずは【完全保証(ノンリコース)契約】のデメリットから見ていきましょう。
【完全保証(ノンリコース)契約】の場合【一部保証契約】と比べるとファクタリング手数料が少し高くなる場合が多いです。
手数料は一律で決まっているものではなく審査によって申込企業とその取引先(売掛先)の経営状況や信用問題などによって増減します。
【完全保証(ノンリコース)契約】で契約するとなるとファクタリングサービス会社もしっかり審査した上で契約を実行しますが多少なりとも取引先(売掛先)が倒産するかもしれないというリスクをかかえます。
これが理由で手数料が【一部保証契約】と比べると高めの設定になります。
さて【完全保証(ノンリコース)契約】のメリットは何があると思いますか?
それは取引先(売掛先)が仮に倒産したとしてもファクタリングサービス会社が全て負担してくれるということです。
すでに売掛債権をファクタリングサービス会社に【完全保証(ノンリコース)契約】に基づいて買い取ってもらっているため申込企業は売掛金を支払う義務はありません。
安心して早期現金化した売掛金をそっくりそのまま資金として使用できるということになります。
ファクタリングサービスを利用する際には、この【完全保証(ノンリコース)契約】での取引をお勧めします。
ファクタリングドットコムでは数あるファクタリングサービス会社の中でも、この【完全保証(ノンリコース)契約】での取引が可能な株式会社ジャパンファクターをオススメしています。
ジャパンファクターは中小企業に特化&スピード重視のファクタリングサービス会社です。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG