ファクタリング費用

ファクタリング費用アイキャッチ

売掛金の早期現金化をするファクタリングサービスは手数料がかかる!

今ある売掛金を早期に現金化するというファクタリングサービスを利用するには手数料が発生します。
様々なファクタリングサービス会社がありますが、手数料の相場から最終的に受け取ることが出来る現金は、売掛金の80~95%くらいと考えておきましょう。

【覚えておきたい!】手数料などとは別にファクタリングサービス利用にかかってくるお金

選ぶファクタリングサービス会社によってかかってくるお金がある場合があります。手数料以外にも必要なお金が発生する場合があるという時です。
気になる点や不安な点は、ファクタリングサービス会社に直接問い合わせ・相談をすることをおすすめします。
◆債権譲渡登記費用(約10万円~)
◆審査・手続費用(約1万円)
◆売掛金額によってかかる印紙代
◆事務関係の手数料(遠方へのファクタリングサービス会社出張費・人件費等)
以上がかかってくる場合があります。各ファクタリングサービス会社によって多少違いがありますので、契約前にかかる金額を明確にしておくことが必要です。
ファクタリングエキスパートでは数あるファクタリングサービス会社の中でも中小企業に特化&スピード重視のファクタリング会社をお勧めしています。

【知っ得!】ファクタリングの買取手数料について知っておく!

ファクタリングサービスを利用する上で最も大切なことがあるとすれば買取手数料をしっかりと確認・把握しておくことです。
ファクタリングというのは今ある売掛債権を早期現金化したい方のために用意されたサービスであり企業の資金繰りの手助けキャッシュフロー改善を促す今大注目のサービスです。
しかし当然ながら例えば100万円の売掛債権を買取してもらう時に即日で100万円を買取してもらった後、100万円をファクタリング会社へ支払いすれば良いだけではありません。
それなりの買取手数料を取らなければファクタリングサービス会社はただのボランティアになります。
しかし借金では無く合法で売掛金の早期現金化を可能にするファクタリングは魅力的なサービスです。
ファクタリングをうまく使うことができれば今後、企業でも新しい事業やサービスの展開の足掛けとなることもあります。
さて、そんなファクタリングの買取手数料ですが、いろいろな評判を見ていると買取手数料があまりにも高すぎて困っているというような話を聞きます。
確かにファクタリングの買取手数料をざっくり見ていると買取手数料は安いとは言えません。
はっきり言って高いです。
しかしながらファクタリングサービス会社が評価した金額というのが買取手数料となります。
今ある売掛金から評価額を差し引くとなれば、それなりには高くついてしまうのは致し方ないです。
しかし理屈がどれだけ分かっていても自分にはまだまだ高いように感じてしまうのも事実です。
まず100万円でバッグを購入したとしましょう。
そのバッグを近所のリサイクルショップに持ち込んだ場合ですが実際に100万円で買取するでしょうか?
もし世界に一つしか無い貴重なものであれば別ですが大抵は量産品です。
普通、どんなに高くても80万円程度での買取です。
買取手数料は20%となりますが数あるファクタリングサービス会社などの売掛金買取手数料もこのくらいが平均です。
さらにファクタリングサービスは借金ではありません。
ビジネスローンやノンバンクでのローンを比較していくと金利が10%とか3%とかそういった文字を目にします。
こういった部分を基準に考えてしまうと、どうしても20%は高額な手数料に見えます。
しかし税金滞納や債務超過などが原因で銀行融資のリスケなどで他に資金調達方法がない!という事であればファクタリングサービスを利用する価値は十分にあるのではないでしょうか。
しかもファクタリングサービスの売掛金買取手数料はファクタリングサービス会社との付き合いが長くなるにつれ信頼関係も生まれてくるにつれ低くなっていきます。
目先の手数料のことで悩み会社が黒字倒産してしまっては元も子もありません。
ファクタリングサービスを始めて利用するのであればファクタリングに関して詳しくなることはもちろん、それに伴うメリット・デメリットを知るこが大切なのです。
数あるファクタリングサービス会社の中でも、ファクタリングドットコムがオススメするのは【ジャパンファクター】です。
中小企業の味方で売掛金の早期現金化を実現してくれます。

どうせなら安く抑えたい!ファクタリング手数料を安くするコツを紹介します!

ファクタリングサービスを上手に利用できる企業、会社経営者というのは手数料を上手に抑えることが出来ています。

ファクタリングサービスは近年、売掛金(売掛債権)を早期に現金化できるサービスとして非常に注目されているのですが、その分多くのファクタリングサービス会社が増加傾向にあります。

ファクタリング契約内容に関しても、どのファクタリングサービス会社も一緒ではなく手数料がとても高額なファクタリングサービス会社や、そうで無い良心的なファクタリングサービス会社までさまざまなファクタリングサービス会社があります。

当然、手数料が安いファクタリングサービス会社を選べば良いのでは?と誰しもが思うはずです。

それなのに高い手数料でファクタリングサービスを行う会社が見受けられるのはなぜなのでしょうか。

まずファクタリングにもしっかりと審査があります。

審査といっても銀行融資やビジネスローンなどのような借入に関する審査とは少し違います。

安心して売掛金(売掛債権)を買取できるか、というような与信が行われるのです。

つまり自社の経営基盤がしっかりとしており、さらには売掛先の企業の信用や会社規模など様々な判断材料で審査が行われ売掛金を買い取っても大丈夫か判断されます。

手数料を抑えるためには当然、優良ファクタリングサービス会社とファクタリング契約を結べば良いのですが優良ファクタリングサービス会社ほど審査が厳しい傾向にあります。

とはいえ銀行融資やビジネスローンほど審査に厳しくはないです。

それよりもどうすれば優良ファクタリングサービス会社を見極められるのか?

率直に言って会って相談して見極めることが一番です。

細かい疑問まで全て聞き話に詰まることなく答えてくれたら少しは優良に近づきます。

それから手数料や出張費、印紙代などが発生するのかも確認しましょう。

ほとんどのファクタリング会社はホームページに手数料しか記載していません。

ファクタリング会社も商売なので少しでも稼ぐために多少の隠し事はします。

申し込んだ後に色んな費用が発生する悪質なファクタリング会社も多く存在するので気をつけてください。

債権譲渡通知や登記などを留保することで、それらにかかる余計な手数料や手間などが省けるのですが当然その分手数料が上がってしまいます。

金額が小さいファクタリング取引を行う場合ですと、手数料だけで大分お金がかかってしまう可能性がりますので注意です。

さらに2度目以降も同じファクタリング会社でファクタリングサービスを継続して行う場合、段階的に手数料を低くしてくれるファクタリング会社が多数存在しています。

これは取引の回数が増えるごとに、信用が高くなっていくためです。

手数料が低くなれば受け取ることが可能な現金も増えますしリスクはどんどん減っていくため小さな金額でファクタリングを行いファクタリングサービス会社との信用を積み上げていってしまうのも手段のひとつです。

ただし、手数料減免などのサービスを行っていないファクタリングサービス会社も少なくはありません。

ファクタリングを最初に利用する時に手数料減免があるか無いかなどを確認しておくと、のちのちのファクタリング契約に関して負担が減ります。

2社間取引ファクタリングの手数料は高いの?覚えておくべきファクタリングの手数料!

ファクタリングサービスを初めて利用する際、しっかりと知識として頭に入れておきたいのが手数料などが引かれた後の入金額のイメージです。

2社間取引ファクタリングではファクタリングサービス会社側のリスクや負担が大きくなることからも一般的に手数料が高いです。

そのため数あるファクタリングサービス会社を選ぶ段階で、しっかりとファクタリングする場合のシミュレーションやイメージ、知識を持っておかないと選ぶべきファクタリングサービス会社を間違えたりファクタリングサービスを利用する前より経営が苦しくなり資金繰りが悪化してしまう可能性があります。

一部には手数料が高すぎる悪質ファクタリングサービス会社もあります。

しかし借金ではないファクタリングという新しい資金調達なので、近年、ファクタリングは非常に注目を浴びています。

サービス内容を把握し仕組みを理解しておけば経営においてかなり強力な味方となるはずです。

ここでは2社間取引ファクタリングに関する手数料の話を具体的に解説します。

まずファクタリングを行う前に現在、売掛金(売掛債権)が存在していることが前提です。

売掛金(売掛債権)が100万円だとしてもファクタリングサービス会社に買い取ってもらえるのは100万円全額ではありません。

ファクタリング会社によってまちまちですが概ね70万円から90万円だと思います。

もし100万円を70万円で買うと言われたらそのファクタリング会社に売るのは止めましょう。

手数料だけではないですが30%も引くのは悪質です。

闇金と変わりません。

どれだけ高くても引かれる金額は20%までにしましょう。

20%以上引かれたら確実に資金難に陥ります。

それから手数料含め諸費用が10%前後や以下なら即買い取ってもらいましょう。

特に10%以下は破格です。

だけど実際には10%以下で買い取ってくれるファクタリング会社は存在しません。

何度か取引をして実績を積んでからしか10%以下にならないです。

ホームページには手数料3%!とか記載されていますがただの誇大広告なので真に受けないようにしてください。

手数料はファクタリングサービス会社の審査基準によっても変わってきますが多くの場合は15~20%程度と考えていいです。

そうすると売掛金の現金化可能額は100万円の20%引かれた場合ですので約80万円という単純計算ができます。

そして、この売掛金を現金化した80万円のことを”掛け目”と言います。

できるだけ掛け目が高い方が良いですが、あまりにも手数料が低いファクタリングサービス会社の場合、別途で他の費用を請求される可能性があるので、しっかりと契約書を確認してください。

それから3社間取引ファクタリングはこの掛け目が高く手数料がとても低いことで知られています。

手数料が低いのであれば3社間取引ファクタリングを利用した方が良いです。

だけど3社間取引だと売掛先にファクタリングを利用していることがバレるので申し込む方はほとんどいません。

多少高い金を払ってでもバレたくない気持ちは皆同じです。

2社間取引ファクタリングの手数料が高い理由はファクタリングサービス会社のリスクが高いからです。

2社間取引ファクタリングの場合、多くはファクタリングサービス会社が売掛先の企業が倒産した場合、買い倒れになるリスクを負って成約します。

要するに100万円の売掛金(売掛債権)を現金化し依頼した企業が期日までにファクタリングサービス会社へ指定の金額を入金するのですが売掛先となる取引先が仮に倒産しても、依頼した企業は一切負担を負わなくて良いのです。

簡単に言えば売掛先の企業が倒産したとしてもそれは致し方ないことで済むということです。

しかし手数料が安い3社間取引ファクタリングは「売掛先(取引先)にファクタリング利用が知られてしまう」デメリットがあります。

それはすなわち会社の経営状況が悪いということをバラしてしまうことになります。

これが3社間取引ファクタリングの手数料が安い理由の1つです。

3社間取引ファクタリングは経営が危ないとか早くお金を払ってほしいなど社会的にマイナスイメージを取引先に与えるリスクがあるので手数料が若干高くても2社間取引ファクタリングを選ぶ会社経営者や企業はとても多いです。

結果的に、会社の信用を取るか手数料の高さを取るかの問題なのですが今後の会社の運命を左右することもあるのでしっかり検討して決めてください。

尚、医療や介護福祉関係は3社間取引が多いです。

手数料の相場を理解しておけば優良ファクタリング会社が分かる!

今、日本の中小企業の会社経営者の間では「ファクタリング」が大きな話題を集めています。売掛金(売掛債権)をいち早く現金化できるため、企業の資金調達の可能性がぐっと広がり、経営の安定だけでなく、キャシュフローの改善により多くのビジネスチャンスを手に入れることができるのです。

さて、そんなファクタリングなのですが、一番気になるところは「ファクタリング手数料」なのではないでしょうか。ファクタリングには、必ず手数料がかかります。ファクタリングにかかってくる手数料のことを一切知らないままだと、後々大きなダメージを被ることとなりますし、悪徳ファクタリングサービス会社の罠に引っかかってしまうこともあります。

安易な気持ちでファクタリングを利用して失敗してしまう例などもありますので、ここではファクタリングの手数料のことをしっかりと学んでいきましょう。まず、2社間ファクタリングの場合ですが、ファクタリング手数料は5%~のケースが多いようです。

もし、2社間取引でのファクタリングで売掛金(売掛債権)が500万円だっとしましょう。買取可能金額最大が、500万円だった場合ですが、まずファクタリングで全額現金化は無理です。

それは、どのファクタリングサービス会社にも、ファクタリング手数料があるからです。大抵の場合、500万円の売掛金(売掛債権)を審査に通したとしたら、売掛金の一部の買取になるため、買取可能額が350万円程度となるのが一般的です。そこで、手数料が最低5%だっとした場合は17万5000円が手数料となります。結果は3,325,000円が振り込まれるわけです。

しかし、これは、最低限の手数料であり、本来はこれよりも多いのが一般的です。売掛金(売掛債権)の金額にもよりますが、20%から40%というような場合のファクタリングサービス会社も存在します。そういった場合、金額が大きければ大きいほどに手数料の金額も上がってしまい、手元に入る現金が少なくなってしまうので注意が必要です。

しかし、ファクタリングは一社のファクタリングサービス会社と長く付き合っていくことで、手数料が下がっていきます。複数のファクタリング利用で信頼関係が構築されてくるからです。医療系のファクタリングなどは多いようですが、満額の売掛債権の買取は出来ないにしても、数回使っているうちに手数料が低くなり、その買取額が大きくなっていくと言われています。

ファクタリングサービス会社との信頼関係が生まれることにより、ゆっくりとした歩みではありますがファクタリングが身近な存在となっていける、ということが分かるのです。これらのことを考えていくと、最初にファクタリングを使ってみる時の売掛金(売掛債権)は、できるだけ低めであった方が良いことが分かります。

とはいえ、緊急を要する際のファクタリング利用であれば話は別です。ファクタリングを利用するのは、切羽詰まってからではなく、先にさまざまな情報を仕入れておき、万が一の時に備えておくことが一番賢いでしょう。

ファクタリングエキスパートでは数あるファクタリングサービス会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメでします!ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。もちろん、日本全国来店不要で対応!ネット申し込みの無料相談も実施中!またファクタリング実施の事例も多数で、今一番信頼できる優良ファクタリングサービス会社の1つです!

2社間取引ファクタリングの手数料とは?

ファクタリングは借金以外の資金調達方法であり、キャッシュフロー改善などに役立つ、今大注目のサービスのひとつです。さらに人気を集めているのが、2社間取引ファクタリングです。2社間取引ファクタリングというのは、売掛先の取引先にファクタリングを利用していることを知られることがなく、売掛金(売掛債権)を現金化することができる画期的なサービスだからです。

2社間取引ファクタリングの最大のメリットですが、何といっても、売掛金現金化までのスピードが早いということでしょう。普通、3社間取引ファクタリングとなると、さまざまな書類の提出、さらには相手先企業の同意などが必要です。経理的にも非常に複雑で面倒な取引となるため、時間がかかってしまうのは致し方ありません。

せっかく、売掛金(売掛債権)をいち早く現金化し、運転資金を作り、新事業立ち上げに挑戦しようと思っても、ファクタリングの支払で異様に足踏みをしていたら潰れてしまいます。一方、2社間取引ファクタリングというのはそういったフラストレーションを感じさせず、あっという間に売掛金現金化を成功させることができます。

売掛先の取引先の同意などは一切必要ないため、健全な経営レベルの企業だった場合はなんと、即日で売掛金現金化を行える場合もあるのです。これが、2社間取引ファクタリングが人気の理由でしょう。

しかし、ファクタリングには手数料が程度発生します。話の流れからも汲み取れるでしょうが、2社間取引ファクタリングはスピーディーではありますが、手数料が3社間取引ファクタリングより高いことがネックとも言われています。

とはいえ、使い勝手はものすごく良いために、手数料の内訳などを把握しておけば、いざという時に安心して利用可能です。まず、2社間取引ファクタリングの場合ですが、手数料が20万円かかったとしましょう。

当然ですが、ファクタリングサービス会社にもいくらかの利益が必要となるので、ファクタリングサービス会社の利益が生まれます。しかし、一番手数料としてかかってくるのが登記費用です。多くの場合ですが、ファクタリングの会社の利益よりも多い登記費用がかかってくるのです。また、紹介料もあります。印紙代なども重なっていき、結果的に20%というのが基準とされています。

しかしながら、ファクタリングを一社で長く利用しているとある程度の手数料の減少が期待できるとも言われています。一番高い手数料となってしまうんは、やはり初回の利用であり、そこから信頼度を上げていくことで、より2社間でのファクタリングがしやすくなっていくようです。手数料のことを頭に入れず、全額入金されると思うと失敗してしまいます。ぜひ、覚えておきましょう。

ファクタリングエキスパートでは数あるファクタリングサービス会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメでします!ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。もちろん、日本全国来店不要で対応!ネット申し込みの無料相談も実施中!またファクタリング実施の事例も多数で、今一番信頼できる優良ファクタリングサービス会社の1つです!

ファクタリング審査における、手数料はどのように決められている?

ファクタリングに申込みをすると、ファクタリング審査が実施されます。そこで今回のファクタリングの手数料が決定される訳ですが、一体、ファクタリング手数料とはどのように決められているのかを解説していきましょう。
まず、ファクタリング手数料の決定には、主に売掛先(取引先企業)の経営状況や規模、借入状況、支払い予定日などが重視されます。ファクタリング審査は申込みいただいた企業様というよりは、売掛先となる取引先企業が重視されることが多いのです。また2社間取引ファクタリングを希望ということになれば、売掛債権を買取側であるファクタリングサービス会社にリスクが発生します。万が一、売掛先となる取引先企業が倒産した場合、売掛債権を買取したファクタリングサービス会社側が損をするからですね。よって、売掛先となる取引先企業に通知されずに利用できる2社間取引ファクタリングは、3社間取引ファクタリングと比較すると手数料が高くなります。3社間取引ファクタリングとは、売掛先(取引先企業)に通知、承諾を得ての3社での取引を行うファクタリングです。

ファクタリング手数料の相場とは?

■2社間取引ファクタリング・・・手数料:約10%~30%(契約にかかる諸経費込み)

■3社間取引ファクタリング・・・手数料:約1%~5%(契約にかかる諸経費込み)

※ファクタリングサービス会社によって手数料には若干違いがあります。

手数料の決定における重要なポイントとしては、①売掛先となる取引先企業の与信、②売掛債権の金額、③2社間取引ファクタリングなのか3社間取引ファクタリングなのか、という3つになるでしょう。このポイントを踏まえた注意点があります。まず、売掛先(取引先企業)が大手企業だからといって確実に手数料を安く抑えられる!ということは確実ではありません。(ただし、優遇される可能性が高いのは事実です)ファクタリングサービス会社によって審査基準もまちまちだということもそうですが、大手企業だから手数料を大きく抑えることが出来たとしても、申込み企業の会社の経営状況や規模も、もちろん審査対象です。

また、売掛債権の金額ですが、ファクタリングサービス会社のホンネは、「出きるだけ大きな売掛債権で取引したい」ということです。少ない売掛債権であればファクタリングサービス会社の利益も少ない為、最低でも100万円ほどの売掛債権があれば問題ないでしょう。ただし、100万円以下の売掛債権でも対応してくれるファクタリングサービス会社もあります。

いかがでしたか?ファクタリング審査における手数料の決定にはこのようなことが審査対象になっています。比較するためにも、今ある売掛債権がどの位の手数料で買取が可能なのか、無料相談で一度確かめてみるのも良いかもしれません。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG