ファクタリングは信用情報に影響するの?

ファクタリングは信用情報アイキャッチ

ファクタリングの利用は会社の信用情報に影響することはあるの?

ファクタリングは銀行融資やビジネスローン等による「借金」ではないので、信用情報に影響は一切ありません!

そもそも会社の信用情報とは、基本的にどんな情報が登録されているのでしょうか?
・銀行融資、ビジネスローンからの借金はどの位あるのか?
・現在の返済状況(返済は滞り無く行われているのか?)
・過去に返済を遅延、延滞していないか?
・保証人や担保の情報

といった、会社・企業の「お金(借金)に関する情報」のほとんどが登録されています。
このデータによって、ある程度の会社の財務状況が把握できてしまうのです。
よって、例えば資金調達を検討し、銀行融資あるいはビジネスローン等の融資を申し込めば、この信用情報を必ず閲覧され審査が行われる訳です。
会社の財務状況・経営状況が良くないと判断されれば、残念ながら、融資の見送り、リスケといった事態を招くということです。

この信用情報を収集・登録している機関はいくつかありますが、代表的なものでJICC(日本信用情報機構)があります。
また民間の信用情報機関としては、帝国データバンクなどもあります。

銀行融資やノンバンクといった金融機関は、こういった信用情報機関と提携しているのです。
例えば、融資の申込みをした際に、実際にある借金を隠し、ウソの申告をしたとしましょう。
この信用情報機関の情報によって、すぐにバレてしまいます。こうなるとウソを付いたことが分かりますから、かなり不利になることは目に見えてわかりますね。

しかし!ファクタリングはこの会社の信用情報は一切関係ない!また利用しても影響はない!

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンといった「借金」による資金調達方法ではなく、
今ある売掛金(売掛債権)をファクタリングサービス会社に買取ってもらうことによって、売掛金(売掛債権)の早期現金化・資金化を叶えるサービスです。

単純に売掛金(売掛債権)の売買契約=モノの売買と同じ考えになるので、融資のような借金ではないのです。

銀行で融資を受けた場合、銀行側は信用情報機関に情報を登録する義務が発生しますが、ファクタリングは借金といった融資ではないので、登録の必要が無いのです。
よって、ファクタリングの利用で会社の信用情報にキズが付くことは一切ない!と言い切れます。
近い将来、銀行融資を検討している場合であれば、審査においてファクタリング利用の履歴は分からないため、不利になることはないでしょう。

また今後、新しい事業を始めたり、事業の拡大を検討しているのであれば、ファクタリングでの資金調達方法を今は選択し、銀行からの融資枠は残しておくということが可能にもなりますね。

ファクタリングをご検討の企業様、会社経営者様は是非一度、下記に紹介している、優良ファクタリングサービス会社の【株式会社ジャパンファクター】に、ネット申し込みによる無料相談をされてみてはいかがでしょうか?

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG