ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットアイキャッチ

知っておきたい!ファクタリングのデメリットとは?

このページではファクタリングのデメリットをお伝えします。
「こんなこと知らなかった…。」
と困る前に便利なファクタリングのデメリットを勉強しておきましょう!

①ファクタリングには手数料がかかる!

ファクタリング会社側としても、商売ですから利益を出さなくては成り立ちません。
よってファクタリングサービスを利用する際には手数料がかかってきます。
手数料の相場も各ファクタリング会社によって多少違いますが、基本的に10%~30%です。
それも2社間取引か3社間取引で変わってきます。

2社間取引の仕組み
企業・ファクタリング会社

3社間取引の仕組み
企業・取引先企業・ファクタリング会社

2社間取引の場合・・・手数料は売掛債権額の10~30%
3社間取引の場合・・・売掛債権額の1%~5%程度

3社間取引だと手数料の相場は安くなりますが取引先にファクタリングすることを知られてしまいます。
なるべくなら手数料が安い3社間取引を選んでほしいですが、ほとんどの経営者様は2社間取引を選びます。
3社間取引を選ぶ方は全体の10%もいません。

②ファクタリングサービスは「売掛金の売買」であるためファクタリング会社が取引先に確認することもある

各ファクタリング会社で異なりますが3社間ファクタリングサービス契約の場合、取引先様に確認をするファクタリング会社もあります。
場合によっては取引先様の承諾が必須のファクタリング会社もあるため売掛金の現金化まで時間がかかることもあります。
よってファクタリングサービスを契約する前にしっかり確認した方が良いでしょう。

さてここまで「ファクタリングのデメリット」について紹介しましたが、
『とにかく今すぐ資金調達をしたい』
売掛金の現金化を希望している会社経営者様にはやはりデメリットよりメリットの方が大きいと言えます。
手数料がかかる部分は仕方がありません。
融資にしろファクタリングにしろ利息や手数料は必ず発生します。
しかしまずは売掛金の早期現金化による目先の資金調達によって会社経営の軌道修正が先決なのではないでしょうか。

【知っ得!】ファクタリングで絶対注意しなければならないこととは!?

ファクタリングで注意すること

借金ではなく安全で手っ取り早い資金調達方法で売掛債権を直ぐに現金化できるということから注目されているのがファクタリングサービスです。企業にとって重要なのは「キャッシュフローが良好な状態」です。

そのために、ファクタリングサービスを利用してキャッシュフローが良好な状態ではないと、知らぬ間に黒字倒産という結果にもなりかねないのです。
さて、そんなファクタリングサービスですが、どこのファクタリング会社を選んでも同じという訳ではありません。

ファクタリングサービス会社によっては、良くないファクタリングを利用してしまったことで窮地に追い込まれてしまう企業もあるようです。
ここでは、良くないファクタリングサービスに手を出してしまったために失敗してしまった企業の事例をもとに、優良ファクタリングサービス会社を見分けることができるよう、ファクタリングサービスの知識を深めていきましょう。

まず、ファクタリングの魅力は何と言っても直ぐに資金調達をすることができるというところです。
そのため、売掛債権さえあれば即日でも現金を調達することができます。
しかし、ここで注意したいのが売掛債権の額の大きさです。
そもそも、ファクタリングサービスで売掛債権分の金額を、そっくりそのまま満額手にすることは難しいと言われています。
それはファクタリングを利用するには必ずしも【手数料】がかかってくるということを頭に入れておいてほしいのです。

何度もファクタリングを利用している実績がある場合、それによってファクタリング会社と強い信頼関係で結ばれているのであれば手数料が多少免除されることはありますが、初めてファクタリングサービスを利用する場合だと審査があり手数料が発生します。
さらに、即日を求めている場合ですが、3社間取引ではなく2社間取引となるのが一般的です。
売掛先の企業に打診せずとも売掛債権が現金化できるのですから、取引先にファクタリング利用を知られることなく、まさに手軽に資金化に成功できると言えます。
(※ファクタリングサービス会社や事業内容によって3社間取引になる場合があります。)

しかし、ここで注意しなければならないのが、やはり【手数料】です。
実際、2社間取引にはそれなりのリスクがファクタリングサービス会社にも伴います。
結果的に、手数料がある程度高くなってしまうわけです。

さらに、ここでファクタリングサービス会社選びに失敗し、本当に困っている企業などの不安につけ込んで法外な手数料を取るような悪徳ファクタリングサービス会社も少なくはありません。
資金が手詰まりとなり、ショート寸前となる人間の心理上、危ない悪徳ファクタリング会社に引っかかってしまうことも。
こうなると、売掛債権の回収が終了したとしても、経営はかなり悪化してしまう可能性があるので絶対に注意すべきです。

まず、資金繰りに困ってしまった時は、まず焦らずに優良ファクタリングサービス会社を見極めることが大切です。
借金では無くリスクも少ないのがファクタリングの魅力でもありますが悪徳ファクタリングサービス会社に引っかかり結果的に大やけどを負ってしまっては元も子もありません。
ぜひ、このことだけは頭に入れておきましょう。

そこで当サイトがオススメするのは、優良ファクタリング会社の【株式会社ジャパンファクター】です。
2社間取引契約になるので取引先にファクタリング利用が知られることはありません。
また銀行からの融資を断られた企業様でもお気軽に問い合わせ相談が可能です。
申し込みフォームからの申し込みで即日対応してくれます。

【知っ得!】ファクタリングの債権譲渡とは?

ファクタリングサービスを利用しようと思っている会社経営者様、法人様の中で、まだまだファクタリングサービスについてよく理解していない方は多いでしょう。
会社経営者であれば、流行っているからという理由で安易に色々な誘惑に手を出すのは確かにリスクもあるのです。
だからこそ、しっかりとファクタリングサービスについての知識をもち、十分に理解をしてから利用することが大切となります。

さて、そもそも「手形によるファクタリング取引」についての根本を分かっていないと問題です。
ファクタリングサービスにはさまざまな契約方法がありますが、「債権を譲渡する」というやり方が一般的です。
例えば、売掛金(売掛債権)が取引先企業に発生した時、言い換えればある意味で取引先企業は負債を負っている状態となります。
本来は支払いをしなければいけないのに、支払いを滞納している状態となります。
しかし、回収前にもし売掛先の企業が倒産してしまった場合、回収を行うことは不可能となり、損することになります。

もし、売掛先企業が倒産してしまった場合、その売掛先企業が別企業へと買収されて売掛金(売掛債権)が生きているであれば、話は別ですが、ややこしいこととなります。
まだ、この債権回収が仮に出来なくても、経営に問題が発生しなければ良いのですが、ややこしいことにファクタリングサービスを利用していた場合、一体その売掛金の支払いはどうなってしまうのでしょうか。

ファクタリングサービスは、「売掛金(売掛債権)をファクタリングサービス会社が買取するサービス」ですが、買取してもらった売掛金(売掛債権)は、取引先からの入金後、ファクタリングサービス会社へ支払い・入金しなければなりません。
銀行融資やビジネスローン、ノンバンクからの借り入れによる「借金」では無いのですが、ほとんどの場合、取引先からの入金後、支払いをする契約になっているので必ず支払いをしなければなりません。
例えば、売掛金(売掛債権)が100万円存在していたとして、結果的に売掛先となる取引先企業が万が一倒産してしまった場合、一体どのようになるのでしょうか。

実は、ここでファクタリングサービスの魅力の1つになりますが、ファクタリング契約は【売掛債権をファクタリングサービス会社に譲渡する】という契約になっています。
つまり、債権譲渡を通じて取引先の企業が不渡りを起こしても、損をするのはファクタリングサービス会社側という契約なのです。
債権譲渡をして、ファクタリングサービス会社が売掛金(売掛債権)を買い取っている訳ですから、売掛金(売掛債権)はすでにファクタリングサービス会社のものとなるということです。
基本的に、ファクタリング契約を行うと、ファクタリングサービス会社側が御社の売掛先(取引先)に対して、支払期日に代金を回収するシステムとなります。
(3社間取引ファクタリング)
しかし、ファクタリング利用を売掛先(取引先)に知られたくない場合、2社間取引ファクタリングとなり、売掛先(取引先)からの入金後、ファクタリングサービス会社へ支払いをしなくてはなりません。

申込企業としてはファクタリング手数料を支払い、債権譲渡してしまえば後のリスクは回避することができるということなのです。
もちろん、そうなればファクタリングサービス会社にリスクがあるために買取手数料などは比較的高めとなることは覚悟しておきます。
それが、ファクタリングのメリットでもあり、デメリットでもあるのです。

当サイトでは数あるファクタリング会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメします!
ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。
もちろん、日本全国来店不要で対応!
ネット申し込みの無料相談も実施中!
またファクタリング実施の事例も多いのでジャパンファクターは今一番信頼できる優良ファクタリング会社の1つです!

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG