必要書類

必要書類アイキャッチ

ファクタリング契約に必要書類とは?

近年ファクタリングサービスを利用する会社経営者、法人、企業は増加傾向です。
ファクタリングサービスとは今ある売掛金(売掛債権)をいち早く現金化し、事業資金・運転資金に充てることができ借金ではない資金調達方法として画期的なサービスです。
診療報酬債権ファクタリングや介護報酬債権ファクタリングもあることから医療関係や介護福祉関係の業界からも注目されています。

なぜ注目されているのかと言うとファクタリングサービスは”借金ではない”からです。
ファクタリングサービスは銀行融資やビジネスローン等のノンバンクのように融資を受けるものではありません。
数ヶ月先に入る予定の現金(売掛金)を買い取ってもらい現金化してもらうサービスです。
モノを売っているだけなので借金にはならないことが最大のメリットになります。

ファクタリングすることで銀行融資やビジネスローン等のノンバンクに頼ることなく事業資金・運転資金を調達できるのでキャッシュフローの改善が可能です。
このファクタリングサービスは売掛金(売掛債権)が存在していることがサービスを受けるための条件ですが他にも数種類の書類が必要になります。

必要書類には代表者の運転免許証やパスポート、住基カードなどの身分証明書が必要です。
それからファクタリング会社ごとに異なりますが法人会社謄本の履歴事項証明書も必須です。

銀行融資やノンバンクのビジネスローンだと担保などを求められますがファクタリングサービスは融資では無いので担保は必要ありません。
審査基準として、お申込み企業の経営状況などですので決算書は必須書類とさてています。
また審査の際に一番重視されるのは売掛先となる取引先です。
また税務申告済みの捺印がある勘定科目明細書付を直近で2期分程度用意しておくと安心ですしファクタリング契約がスムーズに進みます。
次に売掛先の取引企業との基本契約書も場合によっては求められるので覚えておくと良いでしょう。
さらに注文書をはじめ、契約書や発注書、納品書、請求書などの成因資料も用意が必要となる場合があります。また通帳や当座の照合表などの提出も求められます。過去の入出金を確認する目的で求められています。
最後に納税証明書です。
納税に関しては、未納の場合であってもファクタリング成約によって改善できる可能性があれば、審査のマイナスポイントにはならないので安心しましょう。
もちろん、申込みされるファクタリングサービス会社の基準によっても必要書類は変わってきます。これらは一例ですが、ぜひ参考にしておいてください。
必要書類の不足が生じると、ファクタリング契約自体にかなりの時間を取られ、希望期日に売掛金の買取が出来ない!ということもあるので事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG