【ファクタリングの疑問】日本でファクタリングを利用している企業はどの位あるの?

ファクタリングはアメリカで生まれた資金調達方法である!

もともとファクタリングはアメリカで生まれた売掛金や手形を使った資金調達方法です。

実はその歴史は古くアメリカでファクタリングが誕生したのは20世紀初頭です。

融資よりも素早く資金調達が可能ということから利便性もよくアメリカの企業や法人がこぞってファクタリングを取り入れたため早い段階で広まりました。

そのファクタリングが日本に入ってきたのは1965年(昭和40年)頃です。

都市銀行提携のファクタリング会社が誕生したのですが…。

当時、支払い日以前に手形を銀行や企業に買取してもらう「手形割引」が定番でした。

それからファクタリングに関連した法律の整備がされていなかったことも原因でそれほど普及しなかったのです。

現在、日本でファクタリングを利用している企業は何社?

 

日本で広まることが遅かったファクタリングでしたが国会で中小企業金融三法が改正され日本の企業(主に資金力の乏しい中小企業)が売掛金を使った資金調達方法であるファクタリングを利用しやすくなり徐々に普及し始めました。

そして日本の企業(主に資金力の乏しい中小企業)が持っている資産の約4割がこの売掛金となる資産データがありファクタリングを導入し企業の経済活動をより円滑にすることが推奨されるようになりました。

現在、経済産業省は「売掛金売買によるファクタリング」は中小企業にとってかなり有効で効果的な資金調達方法の1つとして広めていくことを勧めています。

そのためゆっくりですが確実にファクタリングは定着しています。

しかしながら、資金調達=銀行融資という固定観念が根強くあるため、まだまだ認知が低いファクタリングです。

ファクタリングを業とするファクタリング会社が増加傾向にある今インターネットなどの媒体を通しファクタリングを知る企業が増えて来ています。

ただやはりファクタリングを利用する企業はまだまだ少ないです。

だけど今後は間違いなくファクタリングで資金調達することが主流になるはずです。

それとファクタリングで関して注意すべきことがあります。

この記事を書いている時点ではきちんとした法整備はされていないし資金さえあれば誰でも資格など不要でファクタリングサービスを提供することが可能です。

そのため闇金みたいな悪質なファクタリング会社が存在しています。

貸金業法ができる前の消費者金融と同じで高額手数料を請求したり強引な取り立てをする業者も多数存在しています。

なので急ぎで資金調達したいかもしれませんが冷静になって落ち着いてファクタリング会社を見極めてください。

悪質なファクタリング会社に申し込むと必ず破産します。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG