融資を受けれなかった…そうだ!ファクタリングしよう!

ファクタリングしよう

リスケのため融資を受けれないならファクタリングを検討しよう!

近年、銀行融資やビジネスローンを断られてしまう会社・企業は増加傾向にあり資金調達に関する様々な問題を抱えていると言われています。

現在の日本の経済状況だと銀行融資やビジネスローンをスムーズに成功させる会社・企業はほぼいません。

赤字決算、債務超過など厳しい経営状況である中小企業は多いですし大手企業でさえも現在は利益を出すことが難しいです。

超が付くほどの大手しか安定して儲けていないので本当に先行きが不安だと思います。

しかし不安になる必要はありません。

なぜなら、そんな銀行融資やビジネスローンを受けれない会社・企業も売掛金(売掛債権)さえあればファクタリングで資金調達できます。

ファクタリングとは簡単に説明するとファクタリング会社に売掛金(売掛債権)を売却して本来なら数ヶ月後に入金予定の売掛金を今すぐ現金化できる金融取引です。

たしかにファクタリングなら売掛金さえあれば資金調達可能ですが審査があります。

銀行などの審査と比べたらかなり甘いですがファクタリング会社も騙されないようにしっかり審査します。

それなりの査定が待っているので注意しなければなりません。

と言っても普通に取引していて契約書や売掛金が入金されている通帳があれば問題ないです。

逆にこれらを用意できないとファクタリングしてもらうのは絶対に無理です。

ファクタリング会社も詐欺に遭いたくないので審査は慎重にします。

しかし何もやましいことがなければ、まず間違いなく審査に通るので安心してください。

こんな会社はファクタリングできない!

申込内容を正確に記入していない会社は論外です。

銀行融資やビジネスローンの審査にもいますが少しでも自社を良く見せたい気持ちから虚偽の記載をする会社・企業は多いです。

どうしても資金調達したい気持ちはわかりますが申込内容を偽っても余程馬鹿な会社じゃない限り必ず見抜かれます。

そしてその悪質な客の情報はファクタリング業界で共有されるので絶対に止めましょう。

ファクタリング利用者の中には詐欺師が多いのでファクタリング会社もかなり慎重です。

それからもし虚偽がバレた場合、もうどこからもファクタリングしてもらえないことを決して忘れないでください。

融資も無理、ファクタリングも頼れず…。

そうなったら後は破産するのみです。

だから申込内容は正しい情報を記入しましょう。

次に”債権譲渡登記の有無”も大事な要素になります。

銀行融資やビジネスローンだと関係ない部分ですがファクタリングでは”債権譲渡登記が有るか無いか”で審査結果が大きく変わります。

債権譲渡登記が無くてもファクタリングしてくれる会社は多いですが、そのかわり手数料が割高です。

ただ債権譲渡登記はリスクとデメリットが大きいので、なるべくならしないほうが良いです。

そこで債権譲渡登記しなくてもお得にファクタリングできる会社を紹介します。

その会社の名は「ジャパンファクター」と呼ばれ東京都・福岡県・熊本県に店舗があります。

ジャパンファクターなら債権譲渡登記が無くても二社間でも最高手数料は18%です。

この18%の中に出張費や印紙代、その他もろもろの費用が含まれています。

他社に申し込むと手数料+印紙代+出張費などの費用が発生するのでジャパンファクターがどれだけお得か理解できるはずです。

それにジャパンファクターは何度も利用すると手数料が安くなるサービスもあります。

新規申込だと二社間契約の場合どうしても手数料18%がかかりますが今後も度々ファクタリングするつもりならジャパンファクターが最適です。

本気で資金調達したいなら一度ご相談ください。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG