銀行融資の審査に落ちた…そうだ!ファクタリングを活用しよう!

銀行融資の審査に落ちた…リスケ・・・ファクタリングを検討しよう!

近年、銀行融資やビジネスローンを断られてしまった会社・企業は増えている傾向であり、さまざまな問題を抱えていると言われています。今の時代、銀行融資やビジネスローンを手軽にスムーズに成功させる会社・企業は少ないと言われています。赤字決算、債務超過など厳しい経営状況である中小企業は多いですし、大手企業でさえも今の時代は減益を続けている現状です。ほんの一握りの企業だけが異様に儲けているのですから、恐ろしい話です。しかし、そんな銀行融資やビジネスローンを断られている厳しい会社・企業も、売掛金(売掛債権)があればどうにかファクタリングという手段を使い、借金せずに資金調達することができるのです。

ファクタリングとは簡単に説明すると、ファクタリングサービス会社が売掛金(売掛債権)を買取してくれるので、一足先に本来数ヶ月後に入金予定の売掛金を手元に引き寄せることができる方法です。確かに、ファクタリングという新しい資金調達方法は有効なのですが、銀行融資やビジネスローンと同様にファクタリングも全く審査が無いわけではありません。それなりの査定が待っているので注意しなければなりません。銀行融資やビジネスローンは「借入=借金」ですので、借金ではないファクタリングとは審査の内容がやや違ってきますが、銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた理由がファクタリングの審査にも影響するかも!?という場合があれば注意すべきでしょう。

まず、ファクタリングの審査において審査に通らない会社・企業はどんな問題があるのでしょうか。そもそも、誠実に書類に記入していない、というのは論外です。銀行融資やビジネスローンの審査でもそうですが、少しでも自社を良く見せたいという気持ちから、虚偽の記載をしてしまう会社・企業が多いようです。個人レベルの話になるとわかり易いですが、昔の大手消費者金融などでは、個人相手に適当なことを記載しても、どんどんお金を貸していました。

しかし、今では大手消費者金融の審査の内容も厳しくなっており、虚偽の記載をしても直ぐに分かってしまうような時代になりました。虚偽の記載で審査落ちしたということになれば、その悪評は信用情報機関にあっという間に広がってしまうので絶対に注意が必要です。また、こういった虚偽は癖となるので、借金ではない資金調達方法のファクタリングでも失敗しがちです。

また、債権譲渡登記の有無もポイントとなってきます。銀行融資やビジネスローンに関してはあまり関係のない部分でもありますが、ファクタリングではこれがあるか無いかで大きな審査の違いが出てきます。無しでも可能という取引もありますが、その分ファクタリング会社に大きなリスクがあるため、手数料が割高になる場合もあるので注意です。債権譲渡登記の作成にも数万円かかってしまうため、損といえば損ですが確実にファクタリングでの資金調達を成功させるためには必要ではあります。このように銀行融資やビジネスローンだけの資金調達方法だけではなく、借金以外の資金調達方法であるファクタリングも審査が待ち構えています。しっかり準備し、不明点や疑問点はしっかり解決してからファクタリング取引を始めてみましょう。ファクタリングエキスパートでは数あるファクタリングサービス会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメでします!ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。もちろん、日本全国来店不要で対応!ネット申し込みの無料相談も実施中!またファクタリング実施の事例も多数で、今一番信頼できる優良ファクタリングサービス会社の1つです!まずは下記より無料相談から始めてみてはいかがでしょうか?

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG