「決算書ごまかし」で銀行融資やビジネスローンの審査に通る!?

「借金ではない」資金調達方法のファクタリングを知らないのは損!

 

最初から結論を言ってしまいますが、銀行融資やビジネスローン等を断られてしまった経営者様は、ファクタリングを利用するのをオススメします。そもそも、銀行融資やビジネスローンというのは、お金を借りる=借金ということなので、当然、審査される項目が多数あり、さまざまなリスクを背負って申込しなければなりません。もちろん、返済の義務も当然あります。

まず、銀行融資、ビジネスローン、新規事業への融資などというと響きが良いようですが、いわば「借金」です。個人が大手消費者金融などで車の頭金を揃えたいので、適当に借入した…という内容とさほど変わりません。もちろん、諸処条件が全く違いますし、金利も違うので同等には扱えませんが、借金という他ありません。

さらに、企業が銀行へのローンを求める場合にはさまざまな書類が必要となります。多数の書類を用意せねばならないのに加え、さらには審査には非常に時間がかかってしうまうのもポイントです。

その結果、希望通りの金額をどうにか借入でき、資金調達出来たのであれば良いですが、近年の傾向を見ていると多くの企業は、銀行融資やビジネスローンの審査に落ちてしまっているのです。景気も良くない時代ですので、経営状況が良好な企業は少ないというのも原因の一つでしょう。

資金繰りが厳しい、このままでは黒字倒産も目前!といった緊急を有する時の融資を求めている会社経営者様にとってみても大きな痛手となってしまうわけです。さらに、銀行融資やビジネスローンの審査に落ちるというのは隠れたリスクもあります。それは、何といっても審査に落ちたという履歴が信用情報機関など、信用情報を収集、蓄積している機関へと流れて、記録されてしまうということです。

別に、銀行融資やビジネスローンに落ちたことくらい問題は無いのではないか、と思われがちですが、銀行という世界は水脈が一緒ですので、必ずこの結果は査定に悪影響を及ぼします。また、決算書に疑義があると判断されて審査を落ちてしまう企業が今はかなり多いとされています。

これは、決算書に疑義があると書けば、いかにも法の目をくぐり抜けた裏技に聞こえますが、要するに「嘘つき」ということです。信用情報に『○○社は決算書をごまかし、嘘ついて、それがバレて銀行融資の審査に落ちました』というものを見て、他の銀行にニコニコと融資してくれるでしょうか?この会社・企業は相当危ない狂った経営状況に違いないと、簡単に蹴られてしまうわけです。

決算書に疑義があるという落ち方は、最も危険でマイナスが多い審査落ちです。もし、そのようなマイナス情報があるであれば「ファクタリング」しかありません。

ファクタリングサービスは、銀行融資やビジネスローンの融資を断られた、赤字決算、債務超過などマイナス情報がある会社・企業様でも問題なく利用できる、リスクの少ない新しい資金調達方法です。ファクタリングサービスとは、今ある売掛金を早期現金化し資金調達をするという、「借金ではない資金調達方法」です。ファクタリングは、現在、売掛金(売掛債権)があることが必須です。また借金とはまったくの別枠です。要するにファクタリングサービス会社が売掛債権を買取ることによって、早期に現金を手に入れられるということです。

ぜひ、銀行融資やビジネスローンを断られてしまい、困っている会社経営者様・企業の方はファクタリングサービスという、新しい資金調達の方法を考えてみてはいかがでしょうか?
ファクタリングエキスパートでは数あるファクタリングサービス会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメでします!ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。もちろん、日本全国来店不要で対応!ネット申し込みの無料相談も実施中!またファクタリング実施の事例も多数で、今一番信頼できる優良ファクタリングサービス会社の1つです!

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG