「決算書ごまかし」で銀行融資やビジネスローンの審査に通るのか!?

決算書ごまかしはダメアイキャッチ

融資に変わる資金調達方法のファクタリングを知らないのは損!

最初から結論を言いますが銀行融資やビジネスローン等を断られてしまった経営者はファクタリングを活用することを強く推奨します。

そもそも銀行融資やビジネスローンというのは「お金を借りる=借金」ということなので当然、審査される項目が多数ありさまざまなリスクを背負って申し込まなければなりません。

もちろん返済の義務もあります。

まず銀行融資やビジネスローン、新規事業への融資というとカッコいい響きですが間違いなく「借金」です。

個人が消費者金融などで車の頭金を揃えたいので適当に借入した…という内容とさほど変わりません。

もちろん諸処条件が違いますし金利も違うので同等には扱えませんが”借金”という点は同じです。

さらに企業が銀行からローンを求める場合には様々な書類が必要となります。

多数の書類を用意しなくてはいけないのに加え審査の時間が長いこともデメリットです。

時間がかかったとしても融資を受けれたら良いですが近年の傾向を見ていると多くの企業は銀行融資やビジネスローンの審査に落ちています。

一部の大手企業以外は景気が悪い時代なので経営状況が良好な企業ではないだろうと判断されるのも原因の一つでしょう。

資金繰りが厳しい…このままでは黒字倒産も目前…といった緊急を有する時の融資を求めている会社に大きな痛手となります。

それから銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた場合は隠れたリスクもあります。

それは”審査に落ちた”という履歴が信用情報機関に無慈悲にも記録されてしまうことです。

別に銀行融資やビジネスローンに落ちたくらい問題は無いだろと思いがちですが銀行は信用情報機関を使ってデータを保存しています。

しかもそれはどの銀行も照会できるので他の銀行が融資を断っているということは危ない会社だなと即座に認識されてしまいます。

また決算書に疑義があると判断されて審査に落ちてしまう企業が現代ではかなり多いです。

これは決算書に疑義があると書けば、いかにも法の目をくぐり抜けた裏技に聞こえますが要するに「嘘つき」ということです。

信用情報に『○○社は決算書をごまかし嘘ついて、それがバレて銀行融資の審査に落ちました』というものを見て他の銀行がニコニコと融資してくれるでしょうか。

この会社・企業は相当危ない狂った経営状況に違いないと簡単に蹴られてしまうわけです。

決算書に疑義があるという落ち方は最も危険でマイナスが多い審査落ちです。

もし、そのようなマイナス情報があるなら「ファクタリング」しかありません。

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンの融資を断られた、赤字決算、債務超過などマイナス情報がある会社・企業様でも問題なく利用できるリスクの少ない新しい資金調達方法です。

まずファクタリングとは現在抱えている売掛金を早期現金化し資金調達をするという「融資に変わる資金調達方法」です。

ファクタリングを利用するにあたって難しいことは何もありません。

売掛金さえあればどんな企業でもファクタリング可能です。

安定した取引をしている企業なら断られることはあんまりないですが、もしファクタリングしてもらえなかったとしても信用情報に影響はないし別のファクタリング会社に申込みましょう。

ファクタリング会社は基本的に売掛金があればファクタリング可能ですが、”お金”を扱っている以上は審査が厳しい会社もあります。

でも落ち込む必要はありません。

別のファクタリング会社に申し込めば良いだけです。

日本全国沢山のファクタリング会社があるので気になる会社にはどんどん申込みましょう。

ただ悪質な会社には気をつけてください。

闇金業者と同じくらい悪質な会社も多いです。

しっかり見極めてファクタリング会社を選び正しく利用すれば必ず会社のためになるので上手く活用してください。

最後に当サイトがもっとも推奨しているファクタリング会社は「ジャパンファクター」です。

とにかく費用を抑えて早く現金化したいならジャパンファクターに申込みましょう。

相談するだけでも価値があります。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG