ファクタリングの歴史

ファクタリングの歴史アイキャッチ

「ファクタリング」っていつからあるもの?

近年、徐々に日本でも浸透してきている「ファクタリング」ですが、未だ「ファクタリング」を知らない会社経営者様はなんと9割というデータがあります。
これは、ファクタリングという言葉は知っているが、詳しい内容までは知らない、仕組みを知らない、言葉すら聞いたことが無いという会社経営者様の合計のデータです。
よって日本ではまだまだ、あまり知られていないということですね。

借金ではない!新しい資金調達方法=ファクタリング

企業向け、法人向けの資金調達方法として思い浮かべるのは「銀行融資」やノンバンク等の「ビジネスローン」といった、借金=借入による資金調達方法かと思います。
しかし、ファクタリングは、借金をすることなく資金調達を可能にするという画期的な方法なのです。
一体どういった仕組みなのかを詳しく解説していきます。

企業や法人であれば、モノの売買や製造、サービスの提供などで売上を上げ、その取引の結果として売掛金(売掛債権)が常に発生しています。
売掛金(売掛債権)とは、売上ではありますが、まだ取引先より入金のない(入金期日前)お金のことを言います。
ファクタリングとはこの売掛金(売掛債権)を、ファクタリングサービス会社に買取ってもらい、取引先からの入金予定日以前に現金化するというサービスのことを言います。

企業、法人にとってみれば、入金予定期日前に売掛金(売掛債権)を現金化出来るということで、資金繰りが厳しい状況からの回復、またキャッシュフローの大幅な改善を見込めるようになるということです。
また借金ではなく、あくまでも売掛金(売掛債権)の買取といった資金調達方法であるため、担保や保証人などは一切不要で、早ければ即日現金化も可能、かなり迅速な資金調達が行えるという訳ですね。

そうだったのか!ファクタリングの歴史

ファクタリングはそもそもアメリカで生まれた資金調達方法と言われています。
アメリカでは銀行融資やビジネスローンなどの借金による資金調達方法ではなく、このファクタリングが主流だったようです。
しかし、日本に浸透し始めたのは、ここ最近の話なのです。

日本では手形による企業間の取引が主流だったということが原因の1つかもしれません。
しかし、バブルが崩壊、今まで手形による企業間取引が主流でしたが、これがかなり数を減らしていく結果に。
よって、企業・法人の資金調達の方法がかなり狭められてきたという事実があります。
こういった背景があり、今や国もが認めるようになった「ファクタリング」が少しずつ導入されてきたのです。
売掛金(売掛債権)を利用することによって可能になる資金調達方法、まさに画期的な方法になりました。

しかし、先ほども述べたように、このファクタリングを知らない会社経営者・企業・法人はまだまだ少ないというのがもったいない!というところです。
今後、ファクタリングがもっと日本に浸透し、元気な企業、長生きする企業が増え、日本経済の足掛けとなっていくことを望むばかりです。

現在、日本でもファクタリングサービス会社が増加傾向にあります。
しかし!ファクタリングサービス会社の選び方を間違ってしまえば、後の会社の運命まで左右されることも。
だからこそ、ファクタリングサービス会社選びは最も重要なものと、当サイトは考えます。
そこで、当サイトが自信を持ってオススメするのが「株式会社ジャパンファクター」のファクタリングサービスです。
今ある売掛金(売掛債権)がどの位で買取になるのか、ジャパンファクターでの無料相談で一度確かめてみるのも良い判断材料になるのではないでしょうか?

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG