ファクタリングには焦りは禁物!

ファクタリングは冷静アイキャッチ

ファクタリングに焦りは禁物!冷静に優良ファクタリング会社を選びましょう!

会社経営で大切なのは「現金をしっかりと循環させていること」=「キャッシュフローが良好」ということです。

現金が足りなくなりキャッシュフローが悪化すれば当然ながら企業は経営に行き詰まり資金ショートします…そんなリスクが大手・中小企業関係なく全ての企業にあります。

さて、そんな企業の会社経営のピンチの際に売掛債権がある企業を救ってくれるのがファクタリングです。

ファクタリングは今お持ちの売掛債権を取引先からの入金より早く現金化するサービスであり「借金ではない」早急で画期的な資金調達方法です。

手元に現金が無い今すぐ資金調達が必要な企業の救世主的存在として昨今大注目されています。

しかし資金調達をとにかく急いでいる時こそ焦ってしまう事が原因でファクタリングでのトラブルが多発しているようです。

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社が買い取ることによって売掛金の早期現金化を可能にしている仕組みです。

ファクタリングの利用にはそれなりの手数料を取られますし満額の買取を希望してはいけません。

ファクタリングはとても便利だからこそ、こちらがしっかりと落ち着いて利用しないと足下をみられます。

どうしても今すぐ現金が手元に欲しいと焦っている方が陥ってしまうのが悪徳なファクタリング業者の利用です。

世の中にはしっかりした優良ファクタリング会社だけでなく人の弱みにつけ込んでくる闇金と変わらない悪質なファクタリング会社が多数存在します。

まず契約書を作成しないという悪徳ファクタリング会社があります。

掛け目であったり、手数料、支払い日など細かい規定や契約書を一切発行しない口約束のような契約を迫るファクタリング会社があります。

確かに、こういった企業は怪しいですが即現金化できるので思わず利用して罠にハマる方が多いです。

まさに闇金とやっていることは一緒です。

結果的に長期間の手数料返済的な感じになってしまいファクタリングする前より経営が悪化してしまう可能性があります。

これが悪質ファクタリング会社の主な手口です。

もう1つ注意しなくてはならない点が「申し込み時の虚偽の記載」です。

売掛債権があり現金化が可能であるとなると人間はついつい欲が出てきてしまい自分たちに優位に運ぶ虚偽の記載をしてしまいます。

この虚偽の記載は簡単にバレます。

ファクタリング会社は会社間取引事業のプロ中のプロです。

どのような審査基準なのか取引先の経営状況を確認しているのかはファクタリング会社ごとに違いますが騙されないためにもファクタリング会社も必死に審査します。

虚偽の記載が合った時、本当に売掛債権の現金化が必要な時にファクタリング利用できなくなってしまうのです。

会社としての信用にも傷が付くことは避けたいものですよね。

ファクタリングを利用するなら焦らずに優良ファクタリング会社を見分け、また申し込み時の虚偽の記載などは絶対にしないようにしましょう。

大切なのは「ファクタリング会社との良好な信頼関係」です。

まずは落ち着いて相談してみることから始めましょう。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG