融資との違い

融資との違いアイキャッチ

【知っ得】「ファクタリングサービス」と「銀行融資の違いはコレ!

資金調達方法として多く利用される、また広く知られているのは一般的に銀行からの融資です。
しかしながら近年は新たな資金調達方法が話題になっています。
それが「ファクタリングサービス」です。
銀行融資での資金調達方法は簡単に言えば「借金」「ビジネスローン」ということになります。
個人の場合でもそうですが「借金」と聞くとあまりいいイメージはありませんよね。
しかし「ファクタリングサービス」を利用しての資金調達方法は「借金・ビジネスローン」に当てはまりません。
簡単に言うと現在抱えている売掛金をファクタリングサービス会社に売ることによって売掛金を早期現金化して資金調達するという仕組みです。
それでは「銀行融資」と「ファクタリングサービス」の違いを詳しく解説していきます。

ファクタリングサービスは「借金ではない」ので返済の必要がない!

「ファクタリングサービス」と「銀行融資」の大きな違いとして”銀行融資は借金”であるのに対し”ファクタリングサービスは売掛金の売買”になるため借金ではない資金調達方法です。
「銀行融資」だとお金を借りることになるので借入額に金利を上乗せし返済する義務が生じます。
しかし「ファクタリングサービス」だと売掛金をファクタリングサービス会社に買い取ってもらい資金を得るのでモノの売買と同じ仕組みです。
ファクタリングサービスによって早期現金化した売掛金は事業資金としてキャッシュフローの改善に役立てることができます。
ただし本来であれば数ヶ月先まで入金されない売掛金であるためファクタリングサービス会社に買い取ってもらう際には「手数料」が発生します。
それから借金ではないので返済義務はありませんが売掛金が振り込まれたらファクタリング会社に入金する義務があります。
またファクタリングサービス会社によって様々ではありますが売掛金の早期現金化で資金調達後、仮に売掛先が倒産しても売掛債権を譲渡しているため売掛金を入金する必要はないです。
ただファクタリングサービス会社としても売掛先に倒産されてしまっては元も子もありません。
なのでファクタリングサービスの審査は売掛先の規模や経営状況を重視することが多いのです。

「ファクタリング手数料」と「銀行融資の金利」の違いは?

「ファクタリング手数料」と「銀行融資の金利」の違いはなんでしょうか?
ファクタリングサービス利用によってかかる手数料の一般相場は売掛金の約4~10%(ファクタリング会社によって異なる)が多いようです。
また初回契約の場合は手数料が少し割高になる場合もあります。
しかし「銀行融資」の場合、金利はこの手数料より安い場合がほとんどです。
でも本当に「銀行融資」の方が安いでしょうか?
売掛金の早期現金化を希望であれば断然ファクタリングサービスの方が有利ですし銀行融資を断られた場合でも利用できるので中小企業の心強い味方ですね。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG