銀行ブラックで資金調達できないならファクタリング!

銀行がダメならファクタリングアイキャッチ

銀行融資がダメならファクタリングで資金調達しよう!

銀行ブラックという話を聞いたことはあるでしょうか。

銀行融資を断られてしまった企業・会社経営者は他の銀行に頼ろうと融資を受けれるまで銀行を巡り続けます。

当然ですが1カ所でも銀行融資の審査に落ちたら他の銀行でも融資を受けるのは難しいです。

なぜなら審査結果はその銀行だけに情報が留まるのではなく信用情報機関にしっかり登録されます。

信用情報機関に登録されるのに融資の可否は関係ありません。

銀行融資に申し込んだ事実や審査に落ちた事実などが登録されます。

例えばとある銀行がA社という企業を審査する時、信用情報機関に照会するわけですが他銀行でA社は審査に落ちていることを知ることができます。

その事実を見た時、あなたならどう思いますか。

審査に落ちているということは、この企業の事業は危ないのでは。

と考えるのではないでしょうか。

それは銀行も同じです。

銀行だって大金を失いたくないので慎重な審査を実施されます。

これが銀行融資を再び断られてしまう大きな原因です。

そして銀行融資の審査を受けても受けてもお金は借りれず八方塞がりとなってしまい経営が不安定になり倒産ということにもなりかねません。

銀行融資を受けるためには黒字決済や健全な経営状況だったり税金の滞納が無いなどが重要です。

しかし今の時代そう簡単にバランス良く経営を続けられる企業は少ないでしょう。

大手企業でさえ経営が苦しいとされており、連鎖するように下請け企業が苦難を強いられています。

税金に関しては昨年の売り上げに対しての金額を翌年に支払うわけですから当年もしも大手企業から受注を打ち切られてしまった場合、大変な損失を被ることにもなる訳です。

そこで銀行融資を断られてしまった場合、急ぎ考えなければならないことが”どうやって資金調達するか”

まだ諦めたくないなら真剣に考えましょう。

もうやる気もなく倒産しても良いならスパッと倒産手続きしましょう。

さて肝心の資金調達手段ですが銀行に頼れない以上、もう方法は残されていないです。

はっきり言って”ファクタリング”しかありません。

ファクタリングは売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらい素早く現金化するサービスです。

例えば100万円の売掛債権があるとしても入金されるのは1~2ヶ月後だと思います。

その数ヶ月の間に資金ショートが起こってしまう可能性があるなら今すぐファクタリングするしかありません。

ファクタリングを利用すると1~2ヶ月先に入ってくる売掛金100万円を最短即日で手にすることができます。

ただファクタリングにもデメリットはあります。

1.売掛金全てを買い取って貰えるとは限らない

2.買取手数料が1%~20%かかる

3.一括返済しかできない

とくに手数料に関してはファクタリング会社次第なので下調べはとても大切です。

もし悪質な会社に申し込んだら手数料30%や印紙代、出張費などを請求してくるので注意が必要です。

けどどこに申し込めばいいかわからないという方は当サイトが推奨している”ジャパンファクター”を活用してください。

手数料1%~18%しか費用がかからないので他社よりお得にファクタリングできます。

全国対応可能で出張費もかからないし債権譲渡登記もありません。

真剣に資金調達を考えているなら一度ジャパンファクターに相談しましょう。

銀行融資を断られた時こそファクタリングを検討しよう!

銀行融資を断られてしまう企業は一体何が問題なのでしょうか。

銀行融資を断られた場合、他に資金調達方法は無いのでしょうか。

そんな時に検討すべきなのが”ファクタリング”です。

売掛金(売掛債権)さえあればファクタリングできるのでいつでも資金調達できます。

しかしファクタリングはあまり日本では知られていないので何となく危ないサービスと勘違いしている方が多いです。

たしかに悪質なファクタリング会社に申し込むと危ないことになるかもしれませんが正しいファクタリング会社に申し込めば何も不安はありません。

むしろ融資よりも素早く資金調達できるので政府も推奨しています。

それに銀行融資よりも費用を抑えれたりキャッシュフローの早期改善が見込めます。

まず銀行融資もノンバンクのビジネスローンもどちらも”借金”です。

ちょっとしたトラブルや会社の信用情報に傷があると審査に通過することは難しくなります。

きちんと書類を揃えて「しっかり返済します!」と伝えても銀行はなかなか首を縦に振ってくれません。

例えば、とある地方で事業を営んでいるAという企業があるとします。

会社経営は順調にすすんでおり、その地域では優良企業として名を馳せていたとしましょう。

しかしトラブルを起こしたり取引先の銀行ともめたとします。

このような場合、数年後に取締役が変わっても融資を断られる可能性があると言われています。

地方銀行は規模の大きいビッグバンクよりも地元の企業を助けてくれる可能性が高いです。

だけどトラブルを起こした企業と取引をしたくないのは地方銀行も同じです。

だから優良企業だとしても過去にトラブルを起こしていたら審査に通りにくくなります。

長年の付き合いがあれば銀行との関係性も簡単には壊れませんが銀行側も”あそこの企業と癒着している”と周囲からレッテルを張られてしまうリスクを懸念します。

特に今の時代は地方銀行の経営が苦しいということで次々に支店が閉鎖しているという話を聞きます。

このような背景から地方銀行も安定していて経営状況が良好な大手企業と組みたいと思うのが本音です。

もし地方銀行の融資を断られてしまったら、その地域での銀行融資は諦めるほうがいいでしょう。

むしろ後腐れが無く借金ではないファクタリングを利用した方が賢い選択です。

ファクタリングは売掛金(売掛債権)さえあれば利用が可能なサービスです。

現在、売掛金(売掛債権)があり経営がある程度安定しているのであれば基本的にファクタリング会社の審査に落ちることはありません。

銀行融資を断られてしまった場合、新しい資金調達としてファクタリングを試してみるべきです。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG