二社間取引ファクタリングの具体例

二社間取引ファクタリングのアイキャッチ

どこよりもわかり易い!2社間取引ファクタリングを具体例で解説!

さて今回はこの2社間取引ファクタリングの具体例を使い、更にわかり易く解説していきます。

一般的なファクタリングの掛け目になりますが、売掛金(売掛債権)の約80~90%と考えておいて良いでしょう。
例えば、売掛金(売掛債権)が1,000万円あった場合ですが、ファクタリングサービス会社での買取可能額の相場は、約800万~900万円になるということになりますね。
留保する分の約100万円~200万円分は、売掛先(取引先)より入金予定日に入金を確認出来たら、ファクタリング手数料以外の分が戻るという仕組みになります。

2社間取引ファクタリングを具体例

【ケース】
★売掛金(売掛債権)・・・500万円
★ファクタリング手数料(ファクタリング審査後決定)・・・5%、掛目70%

で試算してみましょう。
350万円(ファクタリング会社買取可能額70%)-17万5000円(ファクタリング手数料5%)=332万5,000円(買取金額)

332万5,000円(買取金額)+150万円(買取対象外の金額)=482万5,000円(500万円のうち、ファクタリング利用による総受取可能額)
これを見て分かるように、ファクタリングサービス会社は掛目(70%)分しか買取しませんが、取引先となる売掛先より、入金予定日に入金がしっかりされれば、150万円(買取対象外の金額)の金額も戻ってくる!ということになります。
よって、17万5000円(ファクタリング手数料5%)以外の金額は戻ってくるという仕組みになるわけです。
具体的に試算をしてみると、ファクタリングの仕組みはとてもわかり易くなったと思います。
ただし、ファクタリング利用時の掛目、ファクタリング手数料や条件などはファクタリングサービス会社によっては、かなり差があり、まちまちな場合が多いようです。
ファクタリングサービス会社の選び方を間違ってしまえば、損をしてしまう場合もあります。
そこで、当サイトが自信を持ってオススメするのが「株式会社ジャパンファクター」のファクタリングサービスです。
今ある売掛金(売掛債権)が、ジャパンファクターでは、どの位の手数料で買取が可能なのか、無料相談で一度確かめてみるのも良いかもしれません。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG