近年、業種問わず資金調達可能なのは銀行融資でなくファクタリング!

知らなきゃ損!近年話題の銀行融資以外の新しい資金調達は「ファクタリングサービス」

いつの時代でも経営者の頭を悩ますのは赤字決済や業績不振で銀行から融資を断られてしまうことです。
バブル時代の頃は銀行も調子が良かった為、ちょっとした金額でもガンガンお金を貸してくれました。
大した実績がない会社であってもあっさり融資を受けることが出来ていた時代です。
しかしバブル時代は長続きせず平成初期に弾けて地獄の不景気が始まります。
ここ数十年の日本経済はどん底といって良いほどに落ち込んで長い間、不景気が続いています。
ただそんな不景気でも政治家や一部の大企業だけは潤っており景気は回復傾向にあるという楽観的な見方をする政治家や有識者は多いです。

でもそれは癒着などでお金が回っているように見えているだけでありソニーやシャープなど日本の大手企業がどんどん事業を投げ出している事実を無視しています。
こんな不景気の日本ではニートは増加中で中小企業の業績不振など様々な問題ばかりです。
もし潤っていたとしてもそれは今だけの奇跡的な享受によって恩恵を授かっているだけであり、いずれは次第に各企業の業績も不振になっていき新宿のガード下での生活が待っている…なんてことも十分あり得るかもしれません。
世はまさに戦国時代と言っても良いのではないでしょうか。

さて、そんないつどうなるか分からない昨今なので銀行自体もなかなか企業や法人にお金を貸し渋っています。
個人はもちろん企業や法人にまでお金を貸さないのですから、これは大きな問題にすべきでしょう。

企業の中には業績不振では無いのに銀行融資を断られている企業や法人があります。
この主な原因として、これから先の見通しができない、信用が低いなどといったことが理由に挙げられます。
現在の業績はとびきり良いかもしれない、しかし返済する頃には業績不振に陥っているかも…といった銀行側の考えが審査に影響しているのは間違いありません。
また業種や事業内容によってしっかりとした審査もせず簡単に融資を断ることも多いです。

今後の伸びしろが見込めない、または衰退していくであろう業種や事業は沢山あります。
不景気の真っただ中なので銀行側も慎重になるのは間違いありません。
先が明るくない業種や事業内容に融資するのはリスクが高いですからね。
そうなると結局とばっちりを受けるのは、そこで働く社員です。
会社経営者の役割は会社を成長させ業績をUPさせることかもしれませんが社員を守るというのも大きな役割の1つです。

銀行融資を断られた場合、どの業種でも安心して資金調達ができるのは「ファクタリングサービス」だけです。
ファクタリングに関して勘違いしている方が多いですが”ファクタリングは借金ではありません”
今ある売掛金をファクタリングサービス会社が買取ることによって売掛金(売掛債権)を即日現金化できるサービスです。
モノ(売掛金)の売買と同じなので何も悲観することはありません。
使わなくなった私物をリサイクルショップに売る感覚だと思ってください。
ファクタリングサービスは銀行融資を受けれなかった中小企業の経営者にピッタリの資金調達方法だと思います。
まだまだ知名度が低いファクタリングサービスですが、これはいざという時のために覚えておきましょう。
知っているのと知らないとではいざという時の行動に大きく差が出ます。
ただファクタリングサービスを利用する際には、数あるファクタリングサービス会社の中でも優良ファクタリングサービス会社を選ぶようにしてください。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG