売掛債権譲渡登記とは?

債権譲渡登記アイキャッチ

詳しく知りたい!「売掛債権譲渡登記」とは?

ファクタリング取引の際に行われる「売掛債権譲渡登記」とは、簡単に言えば、ファクタリングサービス会社へ、ファクタリング申込み企業・会社が、売掛金となる売掛債権の権利自体を譲りました!ということを「公的」に示す登記になります。

ファクタリング取引では、売掛金(売掛債権)をファクタリングサービス会社に買取をしてもらうことで、売掛金の早期現金化をする仕組みであるので、売った売掛金(売掛債権)は、買取後、ファクタリングサービス会社の所有物になるという訳です。
よってこの売掛債権の所有の権利があることを、法務局の登記簿(債権譲渡登記)にしっかりと登録され、登記をしたファクタリングサービス会社は売掛債権の所有の権利を、公的に外部に主張することが出来るという訳です。
ですので、売掛金(売掛債権)の譲渡後、そのお金はもうすでにファクタリングサービス会社の所有物になるということですね。

しかしながらこれが売掛先となる取引先企業に知られてしまうことはありません。
これが2社間取引ファクタリングのメリットになりますが、例えば、資金調達完了後、売掛金入金後、約束された期日までにファクタリングサービス会社への入金をしなかった場合や、そもそも入金をする意志がないとみなされた場合は、売掛債権譲渡登記を行っているため、ファクタリングサービス会社は売掛債権の所有の権利を、公的に外部に主張することが出来ます。
売掛先となる取引先企業にやむを得ず連絡をされる場合もあるので注意。
どうしても入金日にズレが生じたり、遅れが発生した場合は、しっかりとファクタリングサービス会社に連絡をし、交渉しておくことが必要ですね。

ファクタリングサービス会社に迷われている・・・ということであればぜひ一度、当サイトがオススメする優良ファクタリング会社の「株式会社ジャパンファクター」の無料相談へお申込みしてみてはいかがでしょうか?
安心の2社間取引ファクタリングの実績も多数!
今ある売掛金(売掛債権)が、どの位の金額で買取が可能なのかを問い合わせてみるのも良い判断材料になるでしょう。

債権譲渡とは?

ファクタリングにおける債権譲渡とは、どういったことなのでしょうか?

債権譲渡とは、債権の中身を変更せずにそのまま他者に債権を移転させる、ということです。

ファクタリング取引では「売掛債権(売掛金)の売買契約」になるため、売掛債権(売掛金)がファクタリング会社に譲渡されるという訳ですね。

しかし!
ファクタリング利用時に注意しなくてはならないことがあります。

取引先企業(売掛先)との契約書をもう一度確認してみましょう。
その内容に「債権譲渡を禁止する」項目がある場合があります。

この場合、売掛債権(売掛金)を他者(ファクタリング会社等)に譲渡することが出来ません=ファクタリングの利用が難しくなります。

取引先企業(売掛先)へ「債権譲渡を禁止する」項目を削除してもらうよう依頼しなくてはなりません。

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG