リスクと法律

リスクと法律アイキャッチ

ファクタリングでトラブルが多発している!?会社選びは慎重!

ファクタリングは企業・法人のキャッシュフローの改善にとても役立つ、今、注目されている銀行融資やビジネスローン以外の資金調達サービスのひとつです。
売掛金(売掛債権)さえあれば気軽に利用出来るということからも多くの企業がこぞってこのサービスの良さを研究し始めています。
さて、そんなファクタリングですがトラブルが起きやすいということをよく耳にします。
単純に考えるとファクタリングというのは売掛金(売掛債権)を買い取ってもらうだけです。
例えば100万円の売掛金(売掛債権)があった場合にファクタリングを利用すると平均80万円ほどで買い取ってもらえます。
しかしどうして80万円なのでしょうか。
それは手数料が発生するからです。
この場合だと手数料は20%なので現金化されるのは80万円になります。
その後、契約通りに売掛金100万円を入金すれば契約が終わります。
期日通りに100万円の売掛債権がファクタリング会社に入金出来たら何も問題はありません。
資金難の時に気軽に使えることと銀行融資やビジネスローンなどの借金とは違う形で資金調達できるなど良いこと尽くめでトラブルの臭いなど微塵も感じません。
しかしファクタリングが注目され話題となっている昨今やはり悪いことをしようとするファクタリング会社が増加してくるのも事実です。
実は、既にさまざまな悪質ファクタリング会社による詐欺事件が多発しているという報告を受けています。
しかもファクタリングはまだ日本では浸透していないのでファクタリングに関する裁判などに強い弁護士もごく僅かしかいません。
そういったことからもファクタリング会社はしっかり見極める必要があります。
そこで今回は一番多いトラブルを紹介します。

ファクタリングトラブル

まず2社間取引においてトラブルが最も多いと言われています。
そもそもファクタリング利用者がまだまだ少ない、また知識が浅く、買い手の知識レベルの方が断然上です。
そのため細かいことを早々説明されて理解しきれずに契約→結果最終的にトラブルになる…。
商社側には説明不足という判断がなされずに刑事事件に発展します。
民事事件ではなく刑事事件になってしまうと破産法が適用されないことになっているので会社が一生追求されてしまいます。
二重譲渡であったり架空債権や債権の横領なども大きな問題となっています。
契約予定日の朝になったら一方的に買取断念のドタキャンをするとか利息を提示してくるなど悪質ファクタリング会社を利用しないようにしましょう。
そこで優良ファクタリングサービス会社を見極める知識を持つことが必要です。
当サイトでは今後も悪質ファクタリング会社による詐欺事件等を公開していきます。
しっかり知識を付けた上で優良ファクタリング会社を選んでください。
当サイトが今一番推奨したい会社は【ジャパンファクター】という優良ファクタリング会社です。
【ジャパンファクター】は銀行融資滞納中・赤字決算・税金滞納などの問題を抱えている企業様にも比較的柔和な審査基準でファクタリングを提供しています。
よって規模が小さい中小企業様でも利用しやすくファクタリング初心者にも丁寧な説明で対応してくれると高評価です。
今後、ファクタリングは更に広まっていきます。
だからこそ、このファクタリングをより理解して有意義な使い方をしましょう。

【知っ得!】ファクタリングで注意すべき点とは?

ファクタリングは現在お持ちの売掛金(売掛債権)を現金化することができる日本ではまだまだ馴染みの薄い新しい資金調達方法です。

不景気の昨今、企業に対しての銀行融資やビジネスローンの審査が厳しくなっており資金調達を望んでいても融資してもらえない…資金調達難民的な企業が増加傾向にあります。

銀行自体が厳しい時代となっているので誰もが知る大手企業以外への融資は渋っている現状です。

もともと経営が傾いている企業だと融資を受けれないと倒産する可能性があるのは理解できますが近年では黒字倒産してしまう企業も増えています。

売り上げが上がっているのにも関わらず、なぜ倒産してしまうのでしょうか?

それは売掛金(売掛債権)が関係しています。

売掛金(売掛債権)とは居酒屋などでいうツケと一緒で商品を先に売り、その支払いは1か月後や2ヶ月になることを言います。

資金繰りが厳しい企業や会社経営者は、この支払いまでの期間が長ければ長いほど苦しみます。

これが「支払いサイクルが長期であるための資金不足」です。

売り上げは立っているのですが現金が手元に無く資金不足となるので、その時期に支払わなければならないものや新規事業への投入が不可能となります。

そこで今、注目されているのがファクタリングという新しい資金調達の手段です。

ファクタリングとはファクタリング会社が売掛金(売掛債権)を買い取って即日現金化してくれるサービスです。

さらにその売掛金の回収も代行してくれるファクタリング会社もあったりします。

アメリカではかなり昔から認知されているサービスですが日本では近年やっと話題になりはじめました。

そんなファクタリングですが売掛金を早期現金化するので必ず手数料などが必要になります。

無料でファクタリングしてくれる企業は無いので注意してください。

手数料などの費用を入念に確認しておかないと損する可能性があるので気を付けましょう。

まずファクタリングにかかってくる費用は各ファクタリング会社ごとに異なりますが掛け目や買取手数料・事務手数料・審査手数料です。

例えば100万円の売掛金(売掛債権)があったとしたら買取金額は手数料などで80万円前後になり100万円の満額にはなりません。

これはどこのファクタリング会社も同じです。

基本的にサービス内容は同じファクタリング会社ですが費用が安いファクタリング会社は多数存在しています。

だから手数料などの確認は必ず一番最初にしましょう。

しかしファクタリング会社の中には闇金みたいに悪質な会社もあるので費用が安くても油断だけはしないでください。

急ぎで資金調達したい気持ちはわかりますが冷静になってファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングドットコムでは数あるファクタリング会社の中から「株式会社ジャパンファクター」を推奨しています。

ファクタリング初心者にもわかり易い説明や対応で高評価を得ている会社です。

小規模の会社だからこそお客様と真剣に向き合ってくれるので推奨します。

融資はリスクが高い!だけどファクタリングのリスクは?

資金調達方法として銀行融資の審査に悩んでいる会社経営者の方は多いでしょう。
基本的に、銀行融資やビジネスローンの審査に通過しないということは、赤字決算、債務超過など様々な問題を抱え、会社の経営が傾いており、社会的に見放されている状況に変わりがありません。
そんな状況では、ただジタバタするだけであり、どんなに努力を重ねたとしても、会社の経営は下向きを辿る一方となってしまうわけです。

さて、そんな会社経営において、資金調達としての銀行融資やビジネスローンを断られる理由とは何があるのでしょうか?

まず、考えられるのが資金使途が不明確であるということでしょう。

資金使途というのは、フリーローンでも無い限りかなりハッキリとした目的や事業計画などが無いと、不審がられる一番の要因です。
では、ばか真面目に使途を正直にハッキリと記載すれば、それはそれで良いのかというとそういった問題でもないようです。

まず、資金調達が急務である場合ですが、社員に給与が支払うことが出来ない状況ということも考えられます。
銀行に融資を申し込みをする時、その会社経営者が「社員に給与が支払えなくなりそうだから、今直ぐお金を貸してくれ!」という理由をバカ正直に申すのは少し問題です。
何故なら、この会社が社員に給与さえ払えない状況とは、どういったことなのか?
まさにずさんな経営を行っているのではないか、計画性の無さが凄まじい…。
正直、銀行側からしたらマイナスな面しか見られなくなります。
こういったマイナス面をカバーするために、どうにかして新しい事業として、事業計画書を作成し、使用使途をアピールするしか無いのです。
しかし、銀行融資やビジネスローンに一度でも断られてしまうと、これはこれで厄介なことになります。
審査過程において、銀行融資やビジネスローンを断られてしまうというのは、この会社・企業としてのの見通しの甘さだったことが信用情報機関などへと全て情報が流され、別の銀行にも共有されてしまいます。

そうした場合、別の銀行などで融資をお願いするとなった時、危険な会社・企業であるということか出会わずとも分かってしまうわけです。
こういった世界では、一度評判が下がってしまうと後が大変と言われています。
そのため、努力してもどうにもならないことがあるわけです。

そこで、おすすめしたい方法が『借金じゃない!低リスクな新しい資金調達方法のファクタリング』です。
ファクタリングは、近年、大注目されている、まだあまり馴染みのない新しい資金調達方法です。
現在、売掛金(売掛債権)さえあれば、それをファクタリング会社が買取→売掛金の早期現金化してくれるので、銀行融資やビジネスローン等と違い、借金を増やすことなく資金調達が可能なのです。

さらに、やはり一番の魅力となるのは、ファクタリングは借金では無いので、ファクタリングの審査に落ちたとしてもブラックリスト会社経営者としては、安心して資金調達を行うことができる基盤を造っておくことが大切です。
銀行融資やビジネスローンばかりこだわっているのではなく、駄目ならダメですぐに割り切って、新たな資金調達方法であるファクタリングにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

当サイトでは数あるファクタリング会社の中から「株式会社ジャパンファクター」をオススメします!
ファクタリング初心者でもわかり易い説明で両社納得の上で契約になります。
もちろん、日本全国来店不要で対応!
ネット申し込みの無料相談も実施中!
またファクタリング実施の事例も多数で、今一番信頼できる優良ファクタリングサービス会社の1つです!
まずは下記より無料相談から始めてみてはいかがでしょうか?

ジャパンファクターCTA

ジャパンファクターのファクタリングで資金問題を解決!

二者間取引・三者間取引・介護報酬・医療報酬・建設業債権・個人事業主でも柔軟に対応!

☆スピード対応!
☆全国無料出張!
☆債権譲渡登記なし!

本気で資金問題を解決したいならジャパンファクターにご相談ください!

即日現金化率98%超えの実績があるのはジャパンファクターだけ!

無料相談する!

>ファクタリングで資金調達!

ファクタリングで資金調達!

ファクタリングを成功させるためには優良企業に依頼する必要があります。
しかし手数料が安いだけで判断してはいけません。
ただ売掛金を買い取ってくれるだけでなくアフターフォローが
しっかりしている企業を選びましょう。

CTR IMG