カテゴリー
記事

売掛金担保融資について

「売掛金担保融資」と「ファクタリング」の違い

ファクタリングは知らなくても売掛金担保融資のことなら知ってる方も多いかと思います。

ファクタリングは売掛金担保融資でしょ?と思ってる方も多いことでしょう。

そこで今回は売掛金担保融資とファクタリングの違いを紹介します。

売掛金担保融資とは?

その呼び方の通りで「売掛金を担保にして融資を受けること」です。

将来入金される売掛金を担保にして銀行やノンバンクからお金を借りるわけですね。

普通に融資を申し込むより担保がある分、審査が甘くなるので審査に通るか自信が無い方におすすめです。

不動産などの担保が無い方や保証人を用意できない方でも売掛金さえあれば融資を受けれるのでよく利用されます。

ただ審査は甘いけど審査時間が長かったり売掛先にも調査が入るし担保があっても審査に落ちることがあります。

それと当たり前ですが借金になるので返済できなくなると売掛金は没収されるし信用情報にも影響します。

そして即日現金が欲しかったり売掛先にバレたくない方には向いていません。

ファクタリングとは?

ファクタリングは売掛金を担保にするのではなく売却して現金化する金融サービスです。

あくまで自分が所持してるモノを売却するだけなので借金にはなりません。

不要になった漫画などをブック〇フやメ〇カリで売るのと同じです。

ただファクタリングには手数料がかかります。

ファクタリング会社や業種、契約の仕方で異なりますが概ね1%~30%です。

基本は20%だと思っていれば間違いありません。

それからファクタリングの審査は融資よりはるかに甘いです。

なので融資の審査が通らなかった方や今すぐ現金が必要な方にファクタリングは向いています。

売掛金担保融資とファクタリングどちらがお得なのか?

結局のところ一番気になるのはどちらがお得なのか?ですよね。

費用面だけで考えると100%融資がお得です。

もちろん借入金額や金利、返済期間によりますが融資が一番良いです。

例えば100万円を調達するとしましょう。

売掛金担保融資の場合

  • 借入金額:100万円
  • 実質年率:15%
  • 返済回数:12回
  • 毎月の返済額:91,000円
  • 合計返済額:1,082,107円

ファクタリングの場合

  • 売却額:100万円
  • 手数料:20%
  • 決済回数:1回
  • 決済金額:120万円

その差額は約12万円です。

差額も重要ですが返済と決済回数も気になりますね。

売掛金担保融資だと毎月ゆっくり返済できますがファクタリングはどんな事情があろうと必ず1回で決済しなければなりません。

大金を1回で手放すのはかなり心苦しいと思います。

実際、ファクタリング会社に入金せず逃げてる人も大勢います。

なので諸々の事情を考えるとファクタリングより売掛金担保融資のほうが良いでしょう。

※上記はざっくりと計算した結果なので実際は異なります。

最後に必要になる書類を紹介します。

売掛金担保融資に必要な書類

  • 商業登記事項証明書
  • 本人確認書類
  • 決算書または税務申告書・所得証明書
  • 資金繰り表または事業計画書
  • 売掛債権を確認する資料
  • 印鑑登録証明書・実印
  • 収入印紙

ファクタリングに必要な書類

  • 請求書
  • 決算書
  • 通帳の写し

まず融資を受けれるなら融資を受けてください。

審査に落ちてしまったら東京ファクタリングサポートが全力で力になるので是非一度ご相談ください。