カテゴリー
記事

ファクタリングと信用情報

ファクタリングの利用は信用情報に影響するのか?

単刀直入に言って、ファクタリングは信用情報に影響しません。

ファクタリングを何度利用しても1,000万円の売掛金を売却しても信用情報は無傷です。

なぜならファクタリングは「借金」ではなく「売買」だから。

銀行融資やビジネスローンのようにお金を借りるわけではありません。

自分が所持している売掛金を売却して現金化しているだけです。

だから俗にブラックと呼ばれる方も赤字決算でも税金滞納中でもファクタリングを利用することができます。

そもそも企業の信用情報にどんな情報が登録されているかご存知でしょうか?

  • 銀行融資やビジネスローンの利用履歴
  • 現在の借入状況(どのくらい借りているか?返済は滞っていないか?)
  • 過去に返済が遅れていないか?
  • 担保や保証人の情報

上記のような企業の「借入に関する情報」が全て登録されています。

つまり、この情報を参照するだけで企業の財務状況を把握することができます。

そしてこの信用情報は銀行融資やビジネスローンの審査で必ず利用されます。

この時、企業の財務状況や経営状況が悪いと判断されたら審査が通りません。

この信用情報を取り扱っている機関で代表的なところがJICC(日本信用情報機構)です。

また株式会社帝国データバンクも信用調査を行っています。

どうしても資金が必要だからと虚偽の内容で融資を申し込んだところで必ずバレるので絶対に止めましょう。

もしそんなことをしたら審査に落ちるだけでなく平気で嘘をつく企業のレッテルを貼られます。

ファクタリングは信用情報が影響しない

お金を借りる時に必ず関わってくる信用情報ですがファクタリングには一切関係ありません。

なぜならお金を借りるのではなく自社が所持している売掛債権を売却しているだけだから。

自分の持ち物を売るだけなので信用情報なんかに左右されません。

シンプルにモノを売って現金にするサービスです。

なのでファクタリングを利用しても会社の信用に傷が付くことは一切ありません。

何度利用してもいくら売却しても会社の信用情報は綺麗です。

そのような特徴があるので融資を受けれるまでの「つなぎ」としてファクタリングを利用する方が大勢いらっしゃいます。

ここまでだとファクタリングにはメリットしかないように感じますよね。

融資を受けれない企業にとって最高のサービスではないでしょうか。

しかし現実はそう甘くはないです。

残念ながらファクタリングを利用する際には「手数料」がかかります。

如何に低手数料で優良な企業を見つけるかが大切です。

それを忘れずにファクタリングを活用してください。

東京ファクタリングサポートは業種や売掛債権に合わせた最適な手数料1%から18%以内でお客様をサポート致します。

資金調達に関することならいつでもご相談ください。