カテゴリー
記事

ファクタリングは借金になるのか?

ファクタリングは融資と異なり借金にならない資金調達!

ファクタリングとは数ヶ月後に入金予定の売掛債権を売却して現金化する金融取引であり”借りる”わけではないので借金にはなりません。

本来、売掛債権が入金されるのは早くても1ヶ月後…遅いと3ヶ月ほどかかります。

いくら売掛債権があっても入金されない限り資金として使うことはできません。

その間、現金の貯えがあれば入金されるまで何も問題なく数ヶ月耐えれると思います。

しかし、起業して間もないと現金が無い可能性があります。

銀行融資やビジネスローンを受けれるなら良いですが簡単には審査に通りません。

むしろ昨今の銀行はケチなので審査は相当厳しいです。

そんな時に活用したいのがファクタリングです。

ファクタリングを利用すれば入金されるまで待たなければならない売掛債権を最短即日で会社の資金として使えます。

そして売掛債権を売却してるだけなので信用情報に影響せず借金にはならないのです。

借金にならないファクタリングのメリット

最大のメリットは何と言っても借金にならないことでしょう。

ファクタリングを利用しても信用情報には一切影響しません。

いくら売却しても何度利用しても信用情報は無傷です。

かたや銀行融資やビジネスローンだと必ず信用情報に会社の借金履歴が記録されます。

当然ながら借金をしていると新たに融資を受けるのが難しくなります。

そうならないためにも融資までのつなぎとしてファクタリングがおすすめです。

会社の信用情報を傷つけずに資金調達できる、これがファクタリングの強みでしょう。

またファクタリングには次のようなメリットもあります。

  • 「会社の信用度アップが期待できる」
  • 「いざという時のために融資枠を残しておける」
  • 「キャッシュフローを改善したことで融資を受けれる可能性が高くなる」

なぜ会社の信用度が上がるのか?

それは融資を受けずに事業を継続できるほど資金が豊富にあると判断されるからです。

お金を借りずに事業を継続させればさせるほど、どんどん信用度が上がっていきます。

もし融資を受けたら残念ですが信用度は上がりません。

むしろ返済できなかったら信用情報に傷がつきます。

だからこそファクタリングで資金難を改善することが大切です。

次に融資枠を残しておけるメリットですが、これは大きな事業を始めるときに役立ちます。

何をするにしてもキャッシュは必ず必要です。

しかしファクタリングだけでは資金が足りないかもしれません。

そんな時は信用度が上がっているはずなので大口融資に申し込みましょう。

きっと融資が可決するはずです。

またキャッシュフローが改善されることにより止まっていた銀行融資が再開するかもしれません。

ファクタリングは安心安全に利用できる

ファクタリングは悪質な会社に申し込まなれば安心安全スピーディに売掛債権を現金化できます。

赤字決算や税金滞納中でも関係ありません。

売掛債権さえあれば、どなたでも利用できる資金調達方法です。

銀行融資をお考えならファクタリングも検討しては如何ですか?

東京ファクタリングサポートはノンバンクで働いていた資金調達のプロが在籍しております。

資金調達でお困りの法人様や個人事業主様は是非ご相談ください。