カテゴリー
未分類

優良ファクタリング会社の基準

優良ファクタリング会社とは?

2010年代後半から融資に代わる資金調達としてファクタリングが注目されはじめました。

融資を受けれない法人や個人事業主にとって頼りになる金融サービスですが、闇金業者のような悪質な業者も存在します。

いつの時代でもお金のニオイを察知すると、すぐに現れるので金融サービスと悪質業者は切っても切れない関係なのでしょう。

そして悪質業者は次から次に誕生しているので被害も増加傾向にあります。

そこでこの記事では悪質業者に騙されないように優良ファクタリング会社の基準を紹介します。

日本ファクタリング業協会に加盟しているか?

まず真っ先に確認するところは「日本ファクタリング業協会に加盟しているか?」です。

加盟しているファクタリング会社ならどこを選んでも間違いありません。

ただ闇金業者の手口で協会員に成りすましていることがあるので注意してください。

対策として検索に出てきたホームページを見るのではなく日本ファクタリング業協会からファクタリング会社のホームページへ飛ぶことをおすすめします。

なお東京ファクタリングサポートも日本ファクタリング業協会に加盟しています。

代表者の氏名や会社情報を明記しているか?

企業として当たり前のことなのに会社概要を公開していないファクタリング会社が多数存在します。

自分たちの事業に自信があるなら普通は堂々と公開しますよね?

公開しないということはファクタリング事業に自信が無いということです。

もしくは法外な手数料で荒稼ぎして、いつでも逃げれるように非公開にしているか。

恐らく後者でしょう。

ファクタリング業者になるのに資格は必要ありません。

2020年9月時点だとファクタリングに関する法律も定まっていません。

つまり資金さえあれば誰でもファクタリング業者になれるのです。

悪質な業者にとって、これほど最高な条件はないでしょう。

訴えられるまで高額な手数料でファクタリングし、売掛金の入金が無かったら強引な取り立てをする。

もう完璧な闇金業者ですね。

だから会社概要を公開していないところは危険です。

社名や住所だけとか社名と電話番号だけなどは避けましょう。

最低でも社名・住所・固定電話・代表者名は確認すべきです。

固定電話があるか?

会社概要と被るのですが固定電話があるかどうかも大切です。

悪質なファクタリング会社だと基本的に固定電話がありません。

連絡手段は携帯電話かLINEです。

別に固定電話じゃなくても良いとは思いますが、いまいち信用度に欠けませんか?

金融業という信頼関係がもっとも大切だと思われる業種なのに携帯電話とLINEですよ?

固定電話が無いだけで悪質とは決めつけたくないですが、やはり避けるべきでしょう。

しっかり手数料を明記しているか?

ファクタリングする上で手数料は重要な項目です。

多くのファクタリング会社は手数料を明記していますが、悪質な業者だとぼかしていることがあります。

例えば『手数料1%~』『平均手数料10%前後』『売掛債権によって変動』などです。

はっきり言って最低手数料はどうでも良いです。

どのファクタリング会社も最低手数料が1%なのはわかりきっています。

なので注目すべきは最大手数料です。

最大手数料が20%を超える業者は止めましょう。

手数料以外にその他費用がかかる業者もおすすめできません。

平均手数料も全く役に立たないし売掛債権に変動なんて論外です。

それなら売掛債権ごとにおおよその手数料を明記すべきでしょう。

例えば「売掛債権100万円までなら手数料17%~20%」「200万円までなら15%~18%」などです。

手数料は本当に大切な項目なのでしっかり確認するようにしてください。

参考までに東京ファクタリングサポートの手数料は1%から18%で他に費用は一切かかりません。

売掛債権譲渡登記はするのかしないのか?

優良ファクタリング会社の基準とは少々関係ないですが売掛債権譲渡登記も非常に大切な項目です。

これがあるか無いかで今後の資金調達にも影響してきます。

なるべくなら登記しないファクタリング会社が良いですが、しない代わりに手数料が高くなります。

したらしたで手数料は低くなりますが、もし売掛債権を入金しなかったらすぐに訴えられて負けます。

それから売掛債権譲渡登記を打たれてると他のファクタリング会社を利用しづらくなります。

自分の環境に合わせて売掛債権譲渡登記をするかしないか判断してください。

東京ファクタリングサポートはお客様の状況に合わせて適切なアドバイスをさせて頂きます。

優良かどうかの参考にしてはいけないこと

メディアサイトやグーグルの口コミ

口コミは今では当たり前に使われる判断材料ですが鵜呑みにするのは危険です。

なぜなら口コミが重要なのは周知の事実で、誰もが必ず自作自演の口コミを多数投稿します。

それこそ良い口コミばかりで悪い口コミが全く無いほどです。

直感でも何でも良いので怪しいなと思った口コミは信用しないでください。

一つ一つじっくり読むのも良いと思いますが恐らく時間の無駄です。

そんなことするくらいなら日本ファクタリング業協会に相談しましょう。

顧客満足度

ファクタリング会社の中には顧客満足度をアピールしているところもありますが第三者機関がしっかり調査したという証拠が無い限り信用してはいけません。

そもそも特定の人物しか知らないであろうファクタリング会社で利用者も少ないのに顧客満足度をしっかり調査するのは難しいと思います。

検索結果に表示される広告枠

広告を出してるから優良ということにはなりません。

広告枠はお金を出して買っているのです。

つまりその分の費用がかかっています。

じゃあその費用はどこで回収するのか?

それはファクタリング利用者ですね。

手数料に含まれるのか別の費用として請求されるのかわかりませんが必ず利益が出るように調整します。

だから広告を出してる業者も避けるべきだと思います。

ただ広告を出すということは自社のサービスに自信がある証拠なので良質なサービスを期待するなら利用するのもありです。

優良ファクタリング会社の基準まとめ

  • 日本ファクタリング業協会に加盟している
  • 会社情報をしっかり明記している
  • 固定電話がある
  • ファクタリングにかかる費用を明記している
  • 売掛債権譲渡登記しない
  • 口コミを鵜呑みにしない
  • 顧客満足度は当てにならない
  • 広告を出してる会社は費用がかかる

ここまで優良ファクタリング会社の基準を紹介してきましたが、大切なことは自分で見極めることです。

急ぎで資金調達したい場合は仕方ないですが、なるべくなら数社と相談して決めましょう。

今すぐ資金調達を希望する方は、まず東京ファクタリングサポートへご相談ください。