カテゴリー
未分類

ファクタリングの歴史

ファクタリングはいつからあるのか?

ファクタリングの歴史はかなり古く一説では紀元前の古代メソポタミアの頃には存在していたと言われています。

ただ当時は「お金」というものが存在しなかったので「穀物」と「銀」で取引が行われていました。

この取引が後に融資やキャッシング、小切手、手形、ファクタリングの発展に繋がっていきます。

その後、14世紀頃のイギリスで現代のファクタリングに繋がる金融取引が誕生します。

当時のイギリスには売掛債権を買い取る「ファクター」という組織が存在しました。

ファクターは主に衣料品販売者や交易者を対象に売掛債権を買い取っていました。

またユダヤ人も輸出品の請求書などでファクタリングしていた形跡があります。

それからは資金調達のためではなく支払いの保証や信用力のある企業か確認するために活用されます。

そして20世紀初頭にアメリカで大きな発展を遂げヨーロッパなどに広まり現代に至ります。

さて海外では融資と同じくらい活用されるファクタリングですが、どうして日本では広まっていないのでしょうか?

日本は手形取引が主流だったから

日本へ本格的にファクタリングが伝わってきたのは1970年頃です。

この時点で他国よりかなり遅れていますね。

さらに当時の日本は銀行主体で手形取引が主流でした。

銀行が率先してやらなかったためファクタリングの知名度は上がらなかったのです。

もしファクタリングを広めたとしても仕組みが複雑でわかりにくかったし日本人独特の感性で売掛債権を売買すること自体、後ろめたさがあったかもしれません。

ではなぜ2010年後半にファクタリングが広まってきたのでしょうか?

ファクタリングが日本で広まってる理由

まず一つ目の理由は手形取引の衰退です。

バブル時代には最高の取引を達しましたが崩壊したあとは崖から転がり落ちるように取引が減少していきました。

取引が減少した理由は意外と費用がかかることです。

手形取引には手形用紙を銀行から購入しなければなりません。

その手形用紙が結構高く、更に手形を換金する時は手数料もかかります。

この手数料もそこそこ高いので今の時代では支払うのがきついかもしれません。

さらに手形取引は額面を変更できないし紛失や盗難のリスクが常にあり、不渡りが発生した場合は資金の回収が困難です。

続いて二つ目の理由はファクタリング向けの法整備が整ったからです。

バブルが崩壊したあと手形取引が著しく減少し売掛債権の現金化が難しくなりました。

そのため政府は新たに資金調達できる方法を検討します。

それがファクタリングです。

1998年に「債権譲渡特例法」が施行され「債権譲渡登記制度」が定められました。

その結果、ファクタリングが利用しやすくなり日本でも広まってきたのです。

日本でのファクタリングの現実

日本でも徐々に広まりつつあるファクタリングですが、いくつか問題があります。

まず手数料に関する法整備が整っていないことです。

どのファクタリング会社もホームページには1%からと記載していますが実際は20%超えがザラです。

闇金と呼んでもいいくらい悪質な会社も多く存在します。

なのでもしファクタリングを利用するつもりなら日本ファクタリング業協会に相談することをおすすめします。

次に売掛債権を売却することに抵抗がある経営者が多いことも問題です。

日本人の気質なのか売掛債権を売却するのは悪いというイメージを抱えている気がします。

はっきり言いますが売掛債権を売却することは何も悪いことではありません。

むしろ融資を受けれないなら積極的に活用すべきです。

さらに日本では二社間取引が主流ですが、なるべくなら三社間取引にすべきです。

その理由は単純に手数料が安くなるからです。

二社間取引だと20%ほどかかる手数料が三社間取引だと10%以下になります。

この差は非常に大きくないでしょうか?

資金難に陥っているからこそ節約できるところは節約すべきだと思います。

たとえ資金難に陥っていなくても大切な資金を二社間取引で浪費するのはもったいないです。

売掛債権の売却が取引先に知られることを負い目に感じることはありません。

なぜなら資金難だからファクタリングするのではなく成長するためにファクタリングをするのです。

インターネットが普及してビジネスが凄まじい速さで発展を遂げています。

世界の流れに遅れないためにもスピードが大切です。

事業をよりよいものに発展させるためにも今後も良好な取引を続けるためにもファクタリングを活用しましょう。

東京ファクタリングは30万円から1億円までの売掛債権を最短即日で現金化致します。