カテゴリー
記事

融資とファクタリングの違い

資金調達で最も選ばれている手段は「融資」です。

融資はシンプルでわかりやすく返済が負担になりにくいので最適な手段だと思います。

しかし近年は銀行やノンバンクが貸し渋って融資を受けにくくなっています。

審査が厳しくなって昔ほど簡単に借りれないというわけですね。

そこで代わりに流行りだしたのが「ファクタリング」です。

ファクタリングは融資とは異なり、お金を借りるのではなく売掛債権を売却して現金化します。

似ているようで全然違う「融資」と「ファクタリング」

融資とファクタリングは資金調達という点では同じですが内容は全然違います。

融資は銀行やノンバンクから借金という形でお金を借ります。

ファクタリングは自分の物である売掛債権を売却して現金化します。

どちらが良いかは利用者の状況次第ですが基本的に融資がおすすめです。

なぜ融資がおすすめなのか説明するので参考にしてください。

資金調達の基本は融資

今も昔も資金調達で利用者が多いのは融資です。

なぜ融資が選ばれるのか?

理由は色々あると思いますが一番は返済の負担が少ないことではないでしょうか。

大金を借りても自分のペースで無理なく返済できるので資金や生活を圧迫せずに済みます。

もし一括完済が融資の条件だったら、どうしても大きな負担になるので利用者は激減することでしょう。

さて融資が一番なのは間違いないですが審査が厳しいことがデメリットです。

銀行もノンバンクも簡単には融資してくれません。

それにお金が振り込まれるまで早くても1週間ほどかかるし借金なので信用情報に影響することがマイナスポイントです。

景気が良かったり大手企業相手なら喜んで融資すると思いますが中小企業相手だと貸し渋るのが現状です。

それでもまずは銀行へ相談すべきでしょう。

どこからも融資を受けれなかったらファクタリングを検討してください。

融資に代わる資金調達はファクタリング

ファクタリング以外にも資金調達の方法はありますが現実的なのはファクタリングです。

なぜならファクタリングは銀行融資と違い、多くのメリットがあります。

簡潔にメリットを紹介したいところですが、まずはデメリットを紹介します。

ファクタリングで最大のデメリットは「手数料」です。

ファクタリング業界の手数料は概ね1%から20%に設定されています。

ただこの数値は表向きで実際は30%を超えることも少なくありません。

そして20%を超える手数料は悪質なので絶対に利用しないようにしましょう。

どんなに高くても手数料の上限は20%が目安です。

そして手数料以外に費用がかかる業者も要注意です。

あの手この手で追加料金を請求してくる業者もいます。

次にファクタリングは一括決済しかできません。

ファクタリングの仕組み上、分割決済はできないのです。

もし分割決済できる業者がいたら間違いなく違法業者なので注意してください。

そして決済期日はきちんと守るようにしましょう。

ファクタリングの大きなデメリットは上記2つです。

続いてメリットを紹介します。

ファクタリングのメリットはやはり審査が甘いことでしょう。

銀行融資を受けれなかった法人も個人事業主もファクタリングなら簡単に審査が通ります。

借金にならないし信用情報にも影響しません。

税金滞納中でも大丈夫です。

赤字決算でも問題ありません。

売掛債権さえ誰でもファクタリングできます。

そして二社間取引だと現金化まで遅くても申し込んでから翌日には完了します。

基本は即日現金化です。

必要な書類も融資と比べて少ないので手間がかかりません。

一般的に「本人確認書類」と「売掛債権が振り込まれている通帳」と「請求書」などがあればファクタリング可能です。

それからもし取引先が倒産して売掛金が入金されなかったとしても決済する必要はありません。

さてこれまでファクタリングを褒めておいて恐縮ですが、まずは融資に申し込みましょう。

もう審査に落ちて後が無い状況でしたら今すぐ東京ファクタリングサポートへご相談ください。

東京ファクタリングサポートの手数料は1%から18%で他に費用は一切かかりません。

もしくは日本ファクタリング業協会へ相談するのもおすすめです。