カテゴリー
未分類

売掛金をファクタリング会社に入金しないとどうなるか?

ファクタリング会社へ決済しないもしくは延滞するとどうなるか?

ファクタリングの仕組みをしっかりと理解している方であれば、この「ファクタリング会社への支払い」の意味はもうお分かりですね。

ファクタリングを利用するということは売掛金をファクタリング会社に売却し現金化した後、通常通り取引先(売掛先)から売掛金が入金された際、ファクタリング会社にその売掛金を入金しなければなりません。

2社間取引ファクタリングであれば取引先(売掛先)からの入金があったら、そのままファクタリング会社に決済します。

ファクタリング会社が売掛金の入金を確認した時点で契約が終わります。

3社間取引ファクタリングは売掛金を売却したら何もすることはありません。

取引先(売掛先)が支払い期日にファクタリング会社へ売掛金を入金したら契約終了です。

もし決済できなかったらどうなるか?

取引先(売掛先)から売掛金の入金があったのにファクタリング会社へ決済しなかったらどうなるか?

率直に言って「契約違反」になります。

売掛債権は既にファクタリング会社のものなので、もし入金しなかったら「横領」や「詐欺」などの罪に問われる可能性があります。

そして当然ですが取引先(売掛先)にも確認の連絡がいきます。

こうなると何の為の2社間取引ファクタリングかわかりませんね。

高い手数料も支払ったのに全てが無意味になります。

また取引先(売掛先)からの信頼もガタ落ちでしょう…最悪の場合は取引が解除され仕事が無くなります。

更に決済が遅れると「遅延損害金」が発生することもあります。

ただでさえ仕事もお金も無い状態なのに遅延損害金なんて支払えるわけがないですよね。

以上のことからファクタリング会社に決済しないと人生が大きく狂ってしまうので、絶対に決済するようにしてください。

ファクタリングはボランティアではない!

ファクタリングは立派な金融取引です。

融資を受けれない法人や個人事業主が資金調達できる画期的なサービスです。

ファクタリング会社は決して無償で取引しているわけではありません。

低手数料でギリギリの運営をしているファクタリング会社も沢山あります。

だからお互いのために信頼できる2社間取引ファクタリングをしましょう。

もし何らかの理由で決済が遅れてしまう時はすぐファクタリング会社に相談しましょう。

悪質なファクタリング会社じゃなければ基本は柔軟に対応してくれます。

それではもし資金調達でお悩みでしたら融資に拘らずファクタリングも検討して資金問題を解決してください。

東京ファクタリングでは24時間いつでもご相談を受け付けています。