カテゴリー
記事

売掛債権譲渡登記について

売掛債権譲渡登記とは?

ファクタリング契約の際に実施されることがある「売掛債権譲渡登記」とは法人様や個人事業主様が売掛債権の権利をファクタリング会社に譲りましたということを公的に示すものです。

この売掛債権譲渡登記を実行することでファクタリング会社は安心して売掛債権を買うことができます。

なぜ安心して買うことができるのか?

売掛債権がファクタリング会社の物だと法的に証明できるからです。

もちろん契約書だけでも法的に証明できますが、それだけでは安心できないのも事実です。

なぜ安心できないのか?

はっきり言いますが売掛金の支払日に売掛金を入金しない法人様や個人事業主様が存在するからです。

それを防ぐためや裁判沙汰に発展した場合、有利に事を進めるためにも売掛債権譲渡登記をするファクタリング会社は多いです。

売掛金を手放したくない気持ちはわかりますが、しっかり契約した以上は必ず決済しなければいけません。

もし怠ると詐欺罪や横領罪になる可能性もあり今後の仕事にも大きな影響を及ぼすので、くれぐれも決済は忘れないようにお願いします。

どうしても決済が難しい場合は必ず早めに相談しましょう。

債権譲渡とは?

債権をそのまま第三者へ譲ることを言います。

ファクタリングを利用する時は、この債権を売買することで債権の所有者が代わります。

基本的に債権譲渡は何も問題ありませんが注意すべきことがあります。

それは取引先企業(売掛先)の契約書に「債権譲渡禁止」と記載されてる場合です。

もし記載されていたら当たり前ですが債権を譲渡することができません。

ようするにファクタリングを利用することは難しいということです。

この場合、取引先企業(売掛先)へ「債権譲渡禁止」の項目を削除してもらうしかありません。

しかし、そんなことを依頼したら怪しまれることは間違いないでしょう。

それでもファクタリングしたいなら、こっそり二社間取引ファクタリングを申し込んでください。

東京ファクタリングサポートの二社間取引ファクタリングなら最短3時間で売掛金を現金化します。