カテゴリー
記事

ファクタリングのトラブル

ファクタリングのトラブルが多発している

ファクタリングは企業・法人のキャッシュフロー改善に役立つ、銀行融資やビジネスローンに代わる資金調達方法です。

売掛債権さえあれば利用可能なので多くの企業・法人がファクタリングを利用しています。

さて、そんなファクタリングですが利用者が増加するにあたってトラブルも増えています。

なぜ売掛債権を売却するだけでトラブルが起きるのでしょうか。

例えば100万円の売掛債権があった場合にファクタリングを利用すると平均80万円ほどで売却できます。

しかしなぜ80万円なのでしょうか。

それは手数料が発生するからです。

この場合だと手数料は20%なので現金化されるのは80万円になります。

その後、契約通りに売掛債権100万円をファクタリング会社へ入金すれば契約終了です。

100万円を期日通りにファクタリング会社へ入金すれば何も問題はありません。

はっきり言ってトラブルとは無縁だと思います。

しかしファクタリングが注目され話題となっている昨今、悪いことを企む悪質なファクタリング会社も増加中です。

そして何も知らないと申し込んでトラブルに巻き込まれています。

しかもファクタリングはまだ日本では浸透していないのでファクタリングに関する法律や裁判に強い弁護士はごく僅かしかいません。

被害に決して遭わないためにもファクタリング会社はしっかり見極める必要があります。

ファクタリング利用によるトラブルの実例

まず2社間取引のトラブルが最も多いと言われています。

そもそもファクタリング利用者がまだまだ少なく知識が浅く、ファクタリング会社の知識の方が断然上です。

そのため細かいことを早々と説明されて理解しきれずに契約→結果、最終的にトラブルになる…。

ファクタリング会社には説明不足という判断がされずに刑事事件に発展します。

民事事件ではなく刑事事件になってしまうと破産法が適用されないので利用者は一生追求されます。

二重譲渡であったり架空債権や債権の横領なども大きな問題です。

いざ契約という時に一方的に「買い取りできない」とか利息を提示してくる悪質ファクタリング会社は絶対に利用しないでください。

被害に遭わないためにも悪質なファクタリング会社を見極める知識を持ちましょう。

もしくは日本ファクタリング業協会に相談するのもおすすめです。

ファクタリングで注意すべき点

不景気の昨今、企業に対して銀行融資やビジネスローンの審査が厳しくなっており資金調達を望んでも融資してもらえない資金調達難民な企業が増加傾向にあります。

そもそも銀行自体が厳しい経営状況となっているので誰もが知る大手企業以外への融資は渋っている現状です。

もともと経営が傾いている企業だと融資を受けれず倒産するかもしれませんが近年では黒字倒産する企業も増えています。

売り上げがあるにも関わらず、なぜ倒産するのでしょうか?

それは売掛債権が関係しています。

売掛債権とは居酒屋などでいうツケと一緒で商品を先に売り、その支払いは1ヶ月から2ヶ月後になる後払いのお金です。

資金繰りが厳しい企業や会社経営者は、この支払いまでの期間が長ければ長いほど資金不足に悩まされます。

これが「支払いサイクルが長期であるための資金不足」です。

売り上げは立っているのですが現金が手元に無く資金が不足しているので、その期間の支払いが滞ったり新規事業への投入が難しくなります。

その対策として注目されているのが「ファクタリング」という新しい資金調達の手段です。

ファクタリングを活用すれば支払いサイクルを待たずに資金難を改善できます。

しかし、そんなファクタリングですが売掛債権を早期現金化するには必ず手数料などの費用が必要です。

無料で現金化してくれるファクタリング会社は存在しません。

ファクタリング会社へ相談する時は手数料などの費用をしっかり確認するようにしましょう。

一般的にファクタリングに必要な費用は「掛け目・買取手数料・事務手数料・審査手数料」などです。

例えば100万円の売掛債権を売却しても買取金額は手数料などで80万円前後になり100万円の満額を買い取ってもらえることはほぼありません。

これはどこのファクタリング会社も同じです。

売掛債権を買い取るサービスは同じでも費用はまったく異なるので必ず確認してください。

それからファクタリング会社の中には闇金みたいに悪質な業者も存在するので費用の安さだけで選ばないようにしましょう。

急いで資金調達したい気持ちはわかりますが冷静になってファクタリング会社を選ぶべきです。

なお、東京ファクタリングサポートの費用は「手数料1%~18%」だけで他には一切かかりません。

お時間がおありでしたらファクタリングのリスクもご覧ください。

売掛債権の売却に関するご相談は下記よりお願いします。